しばし柴たいむ

mshibas.exblog.jp
ブログトップ

2018年 05月 05日 ( 1 )

カラルーのキッシュ

カラルーって言うのはジャマイカで定番の野菜で、学名はアマランサス、ヒユ科の一年草です。

過去記事はコチラ。

零れ種で庭のあっちこっちで雑草のように勝手に生えてくるのよ。

たっぷりのカラルーをトマトとグリーンオニオンと一緒に炒めて、麺つゆで味付けて、卵でとじ、どんぶり飯にのっけた「カラルー丼」が最近のお気に入り。

「スピナッチ(ほうれん草)」と呼ぶジャマイカンもいるので、ほうれん草料理の代役で何か作ってみようかな、、、卵とコラボさせたもの、、、。

そうだ!キッシュにしてみよう。

今度の日曜日はトマトの会の集まりがあるのでポットラック料理は「カラルーのキッシュ」、これ良いかも!

しかし、私は過去にキッシュと言うものを作った事がない、食べたのも一口二口?記憶にあるかないか?

レシピサイトを参考にして、試作で初めて作ったキッシュがこれ。
c0006164_03254877.jpg
材料はカラルー、玉ねぎ、ベーコン、トマト。卵、生クリーム、豆乳、モッツァレラとパルメザンチーズ。ホワイトペッパー、ナツメグ、クレイジーソルト。

出来合いのパイ皮が美味しくないのだけれど、皮を手作りする気合いまでは無かったのよ。

冷蔵庫に一晩置いたら味がまとまった感じで、、、冷めたほうが美味しいってポットラック向きだよね、ってトマトの会の料理決定〜。

[PR]
by mshibas | 2018-05-05 03:44 | 料理 | Comments(2)