「ほっ」と。キャンペーン

しばし柴たいむ

mshibas.exblog.jp
ブログトップ

気づいたこと

「みわび」の「わび」の字は「侘」ではなく

にんべん イ 
ウかんむり 宀
かたかなのひ(の様な字) ヒ

それとも、「化」の右部にウかんむりと言ったほうがわかりやすいかな?

この漢字で血統書登録がされてます。

これは当用漢字、常用漢字、人名漢字、教育漢字いずれにも記載されていない(サイトで調べた限り)字のようです。

PCで「わび」を漢字変換すると、「侘」「詫」が表示されるのでなんの違和感もなく使っていたが昨日みわびの登録名を自分で紙面に書いてみたら、あれ?こんな字だっけ?と不思議な感覚に・・・
日保の血統書で確認したらやっぱり違っていた。

この漢字は前に私たちが所属していた日保神奈川支部の支部長である金指真吉氏の訓示
「一に気迫 二にまなこ 三には深きわ(化の右部に宀)びと寂び」(←だったかな?うる覚え、支部長ゴメンなさい)
からいただいた「わび」の漢字なのである。

サイト上ではこの漢字は変換されないのでしかたがないので「侘」で通すことにするが、「化の右部に宀」の漢字のほうが「わびしい、わび~」という感じがして個人的に好きなのである。
[PR]
# by mshibas | 2005-03-20 16:32 | | Trackback | Comments(2)

米国柴犬愛好会

通称BSA。
私とダンナが会員になっているアメリカのこのケンネルクラブは毎年3月に日本犬保存会の審査員を招いた展覧会をロサンジェルスで開催します。

先日の日曜日、その展覧会に参加しました。
私は久々の「展覧会当日の朝」に興奮したのか?いつも携帯しているバッグを忘れ途中でUターンする始末(早く気づいてよかった~)。
アメリカに来たばかりの私たちにはもちろん初めてのBSA展覧会なのだが、会場は日保式の雰囲気でなんだか古巣に戻ったような感覚に・・・
思いがけない人に会ったり、懐かしい人に会ったり、楽しかった~。
そして、何よりも懐かしかったのは、急遽代理ハンドラーになったダンナのハンドリングっ!
日本でも数回しかハンドリングしてないのに、うまいんだなこれが・・・
「これが日保のハンドリングだっ!!」を見せてくれた。
ちなみにダンナは美侘の子ホクを引いたのだが、やっぱり日本犬オスは男性ハンドラーのほうがさまになるなぁ~、としみじみ感じた。(アメリカは女性ハンドラーが多い)
そしてホクのオーナーの愛娘レイは今までしたことのない日保式ハンドリングを見事に披露した。
おそるべき12歳児である。

あぁ、それに比べめちゃくちゃ緊張してしまう私のハンドリングのなんという情けなさ・・・
相変わらずバクってしまう心臓で(JKC・AKCリングではバクらないんだけどなぁ)美侘とリングに立った私である。

曇天で寒さに震えたが、いい展覧会であった。





そうそう、美侘の成績・・・
成犬1席。(メス成犬組出陳数8頭、内、日本からの輸入犬4頭)
そして、いただいた賞品。

c0006164_14163957.jpg
1席に贈られるブルーリボンと日本犬の置物。
今回、メスのトップ(各組1席犬の中から審査される)には選ばれなかったけど結構私は喜んでいる。
これでまた来年も美侘と一緒に参加できるもんね♪
[PR]
# by mshibas | 2005-03-16 14:11 | | Trackback | Comments(7)

美侘、大型犬に襲われる!

・・・なぁ〜んて、
大袈裟なタイトルをつけてみました。(笑

私は毎朝、美侘を自転車で引き回します。
いや、正確には美侘が自転車に乗った私を引き回しているのかもしれない。
走るのが大好きなヤツなのでガシガシ自転車と私を引っぱっていく。
途中、他所のワンコに出会うとスピードを落とし徒歩ですれ違います。
ここアメリカではノーリーシュにする飼い主が多いのでそういうワンコが興奮して
”うほほ〜い♪”
と、突進してきたら迷惑だし・・・
でも、閑静な住宅地のサイドウォーク(歩道)を犬と自転車がぶっ飛ばしているほうが相手には迷惑かも・・・
ということで、兎に角安全走行に気を使ってます。

ところが今朝、ある家の前を通り過ぎざま、その家のドアが開き家主と一緒に大型犬が出て来たのです。
”うわーっ、リーシュしてない!”
しかし時すでに遅し、背後で飼い主が犬の名前を叫んで呼び戻しをかけている声がする。
 ”どわーっ、こうなったら無視してブッちぎろう!”
・・・ブッちぎれる訳が無い。
美侘の歩調が遅くなったと思ったら大型犬がそこまで来ていた。
(飼い主の呼び戻しが続く)
最初、マスチフか?と思った大型犬は後ろを振り向いてみたらなんとイエローラブだった。
 ”なんだ〜、ラブか”
こいつはたぶんオスであろう、上機嫌で
”うほ〜どこいくんだよ〜オレと遊ぼうぜぇ〜”
と、走る美侘の上におおいかぶさってきたではないかっ!
(飼い主のさらなる呼び戻し)
さすがの美侘もこれでは無視はできないでラブを振り払おうとする。
”いいから走るのよっ!そのうちあきらめて止めるから”
と、自転車をこぐ私・・・

飼い主の呼び戻す声は止んだ。

これが日本での出来事ならば私はたぶん飼い主にブチ切れていたであろう。
アメリカの大らかさは私を変えた。(笑
そういえば美侘の顔つきも優しげになったような気がする。

c0006164_1684266.jpg

[PR]
# by mshibas | 2005-03-08 16:15 | | Trackback | Comments(4)

自分でやってみよう

購入する家の第一条件はキッチンとバスルームがきれいな家。
・・・だったはずなのに
なぜだかキッチンとバスルームを直さずにいられない家に私たちは住んでいる。
最初は全面リモデルを考えていたのだが、かなりの金額になるので部分リモデルに変更になった。
で、住み始めて5ヶ月たったがこれらは一向に手付かずのままだった。

しかし、ついに今朝、ボロボロに錆びが浮かび上がっているホーローの洗面シンクを眺めて
「あ〜・・・変えなきゃ」と、いきなりやる気になった。
私をやる気にさせたのは来週泊まりに来る友人である。さすがにゲストにこんな汚いシンクで顔を洗わすわけにはいかんでしょ〜。
私だって住み始めの頃は気持ち悪くて使いたくなかったもん、でも今はそうでもなくなった。
いや〜慣れって恐ろしいわ。

アメリカのホームセンターにはDIYものの種類が豊富に置かれている、家一軒建てるのに必要なものが全て売られているのである。
ケーブルTVもしっかりDIYチャンネルがある。
マニュアルどおりにやれば素人でも家が建てられるっ!

と言う訳で、自分でやってみました。
洗面台のシンクの付け替え〜。

c0006164_17321324.jpg洗面台の下から接着固定するタイプ。
セラミック製。
鏡に写る私。(どうでもいいんだけど)
う〜ん、蛇口とハンドルも変えたくなっちゃった〜。

実はこれシンクの排水穴の位置が前のと違うので排水パイプが繋がらなくなっちゃいました。
明日はまたこのシンクを買ったホームセンターへ行ってあらゆる種類のパイプの中からあう形のものを探してこなきゃ。

しかし、私は作業中手を洗おうと何度この蛇口を回そうとしたか・・・
[PR]
# by mshibas | 2005-03-05 18:06 | DIY | Trackback | Comments(2)

ドッグショー@AKC

美侘、初めてのAKCショーチャレンジです。
AKCのクラブは大抵土日の二日間ショーを開催するので両日ともエントリーしてみました。

会場はうちから車でフリーウェイをてれてれ走って小一時間、Del MarにあるFairgrounds Racetrackという海が見渡せられるハイソな(日本と比べると・笑)競馬場〜。
レーストラックの素敵なスタンドを横目で見ながら奥のショー会場へ・・・
会場の外には俗に言う「落とし物」が点々と、それをたどっていくと迷わず会場入りができるというしくみになっていた。(爆

会場はなんとインドア。
全然予測してなかったなぁ・・・美侘、インドアは初めてなんだよね・・・
最初は匂いに翻弄されて興奮してたけど、会場内を一回りしたら落ち着いた。
人混み、犬混み、どこにいようが美侘は無関心というか怖いくらいに落ち着き払っている。

こっちのショーで感じた事、
気軽に話しかけてくる人が多い。
「これはなんという犬?」
「触らせてもらってもいい?」
飼ってみたい犬種の下見に来ている人も多い。
「柴犬はトレーニングしやすい?」
「他の動物と仲良くできる?」
などなど・・・

嬉しかったのは、
孫であろう小さな女の子を連れた髭の老人が女の子に美侘びの毛を触らせてやってくれ、と言い、老人は女の子に
「どうだい?今日君が触った他の犬種の毛とは手触りが違うだろう?」
「この犬の写真を撮っておきなさい」
と話をした。
女の子は立派なカメラを持っていた。
私は快くその女の子に美侘の写真を撮ってもらった。

そして、美侘を見るなり写真を撮ってた人、この人も立派なカメラを持っていたのでただものではないと直感したら元柴ブリーダーで日本の柴犬の知識も持っている人だった。
柴のリングの最中うちのダンナと一緒に応援をしてくれた。
私たちは「柴のブリーダーに戻ることを願うよ」といってこの人と別れた。


さて、柴犬のエントリー数はオス7、メス6の合計13頭。
土曜日の結果、美侘はリザーブ(メスの2席)、ジャッジはコートコンディションで選んだかな?それともかわいらしさだったのかな?
いずれにせよメスの1席犬は日保のスタンダードではアンダーサイズの柴であった。
日曜日、要領も出陳メンツもわかったのでちょっと勝ち気になった私、でもいっぱいいっぱい。(笑
まずメスのウィナーに選ばれた。
応援してくれてた元柴ブリーダーとダンナの拍手と歓声が私の耳に入った。やった〜!
最終結果は、BOS(Best of Opposite Sex)
ポイントが取れたので今回はこれで十分満足!
でも、あと1頭メスのエントリーがあればメジャーポイントだったのよね〜、惜しい!

今回いただいたリボンと賞品のキーホルダー。



c0006164_5232176.jpg

[PR]
# by mshibas | 2005-03-01 05:35 | | Trackback | Comments(7)

日保御用達引き綱

アメリカで日保仕様の引き綱を作る。
うぅ、なんてレアなんだ。

これは3月に米国柴犬愛好会の展覧会デビューする川崎海のために、
まるで夜なべして手袋編む母さんの心境で私が心込めて作ったのである。
しかもいっちょまえの引き綱職人(い、いるの?プロ・・・縄職人は聞いた事あるけど)にでもなったかのような自分を想像して悦に入ってもいた。
LOWE'S(ホームセンター)で買った1フィート27セントのナイロン紐なのに・・・
c0006164_7171738.jpg


これいくらで売れるかな〜?

$20・・・いや職人技だから$30はいけるよな

焼き印入れちゃおうかな〜、匠って・・・(おいおい木工職人ぢゃないって)

登録商標とらなきゃな〜

商品名は・・・
・・・

・・・HIKI-ZuuuNA

これだぁ!

ロゴマーク考えなきゃ

うぅ〜ん・・・

そうだ!

カミナリマークをバックにして、と・・・
・・・

夜はどっぷり暮れて行くのであった。
[PR]
# by mshibas | 2005-02-24 07:32 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)

異常気象?私たちが来たから??

私たちが住んでいるのは南カリフォルニアのテメキュラというところ。
カリフォルニアの青い空、ってフレーズで有名なように雨は少なく、冬でも晴れた日中は半袖で過ごせる気候。
しかもここテメキュラは内陸に位置する砂漠地帯。
「あぁ、お肌の乾燥が心配だわ〜」
曲がり角をまがったのにまだ曲がるのかっ!と危惧していた私であった。
・・・が、
住み始めたら、雨、雨、雨、ストーム。雨、雨、ストーム。
そして、ついにトルネード(竜巻)が発生する始末!

http://weathercurrents.com/temecula/19Feb2005.jsp

幸いサンディエゴとリバーサイドカウンティの境界あたりで発生したので私の住んでいる地域は風が少し吹き荒れた程度で済んだ。

今度は地震かい?それとも火山でも噴火するか〜?
両方とも日本で経験してるから私たちは驚かないけどね。(笑

現地時間2005年2月20日11時07分投稿
[PR]
# by mshibas | 2005-02-21 04:09 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(6)

サイト復活wo

もうそろそろウェブサイト復活させたいなぁ・・・
[PR]
# by mshibas | 2004-12-04 13:12 | Trackback | Comments(0)