「ほっ」と。キャンペーン

しばし柴たいむ

mshibas.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ラホヤへお出かけ2

アザラシたちがたくさんいた砂浜を後にして、海沿いの公園を北へ歩いて行きました。
c0006164_12282764.jpg
絵を描いているおじさん。ここで描き続けているらしく、足下にはたくさんの作品を並べていました。
c0006164_1234270.jpg
リスが間近でポーズをとってくれる。

もうね、ここの動物たちは人間慣れしてて、自分の持ち場持ち場でパフォーマンスするデズニーランドの着ぐるみキャラのようなエンターテナーぶりを発揮してくれるのです。
c0006164_1240239.jpg
コーブ北側の砂浜は自由に立ち入る事ができました。
c0006164_12431376.jpg
ここにもアザラシ親子がいました。

こんな間近に寄ってもまったく警戒しません。

「う〜ん!」と伸びをする子アザラシ。犬のような表情ですねー。
c0006164_12485478.jpg
伸びした後に、お母さんの背中にピッタリ寄り添う。

もう、この可愛さに思わず爆写。
c0006164_125214.jpg
崖沿いの岩場にいたこのアザラシは一瞬「岩」と見間違えてしまったわよ。
c0006164_12564222.jpg
海面に顔を出したりもぐったり。そばに水遊びしている子供がいて、まるでその子にちょっかいをだしているような仕草でした。

あー、見ていて飽きないわ

ラホヤはやっぱりいいところでした。
[PR]
by mshibas | 2015-02-28 13:13 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(2)

ラホヤへお出かけ

今日はバージニアからサンディエゴに遊びに来てるT子さんと「お昼を一緒に」って事で、カリフォルニアで住みたい町#1のラホヤに行ってきました。

前日までどこで食事をしようか探してたんだけど、たまたま日系の生活情報誌のオーガニック特集に載ってたLean and Green Cafeが場所的にちょうどよかったのでそこにしてみたら、T子さんのツボに入ったようだ、さすがはダンスのインストラクターだけあって、ヘルシー志向。しかも、注文した品も私と一緒だったわ。

ヘルシーな食事の後は歩いてラホヤコーブ(La Jolla Cove)へ。

写真をたくさん撮ったのでアルバム形式にしてみます。
c0006164_15225943.jpg
岸壁の合間に小さな砂浜があります。
c0006164_15313220.jpg
何かたくさん転がっているぞ。
c0006164_15324736.jpg
アザラシでした。しかも親子がいっぱい。

天気のいい日なので日がな一日日向ぼっこのようです。
c0006164_1536637.jpg
海からあがって来て、のしのしのし・・・と這いずって来た終点でのびてるヤツ。
c0006164_15391846.jpg
ペリカンかな?古いコンデジだけど意外にきれいに写ってるわ。
c0006164_15422234.jpg
こういうところに乗るヤツもいる。

続く・・・。
[PR]
by mshibas | 2015-02-27 15:49 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)

モリンガ(マルンガイ)

マルンガイという植物を知ったのは、私が知恵袋として愛読しているもりけいさんのブログです。

このファーマーズマーケットで見つけたというマルンガイ

万病の薬ということで覚えてました。

そして、うちの近所のアジアンスーパーにも夏場になると売っているのですが、見た目の葉が美味しそうではないという印象だったのでイマイチ食べてみようって気にはならなかった。

しかし、最近、あるサイトで「モリンガ」がよく話題にあがるようになって、また気になり始めた。

モリンガはフィリピンで言うマルンガイ。

そこで、モリンガを育ててみようと、アマゾンで種を見つけてショッピングカートに入れたまま数ヶ月が過ぎた頃、おやじさん宛に郵便物が届いた。

翌朝、キッチンカウンターの上にずらりと並んだ袋を見ると・・・

これと
c0006164_1545626.jpg

これと
c0006164_1562893.jpg

その他数袋。

なになにー!? MOモRIリNンGAガ、こっそりオーダーしてたー!!

おやじさんが開口一番、「元気が出るんだぞー、これ!」

そして、しばらくモリンガ話で盛り上がったわ。

もうこうなったら種まきして自家製モリンガ作るしかないっ!

ここは寒暖の差が激しいから冬を越すのが難しいけど、どんなものか頑張って栽培してみよう。

てんで、アマゾンのサイトに行って購入するボタンを押してきたわさ。

モリンガパウダーは豆乳ヨーグルトに入れて飲んでます。
c0006164_14191293.jpg

抹茶のような味で美味しいですよ。

そして、元気出ました。

ついでに、お通じもストレートに出ます。
[PR]
by mshibas | 2015-02-16 15:38 | 豆乳ヨーグルト | Trackback | Comments(0)

ケールとスイスチャードのサラダ

前の記事の如く、ケールとスイスチャードが豊作なのでサラダにしてガッツリといただいてます。

c0006164_7462975.jpg
ケールは若い柔らかい葉をちぎり、スイスチャードも若い小さい葉を採って、ヘンプオイルドレッシングで和えました。

ドレッシングは、ヘンプオイル大さじ2、濃縮めんつゆ大さじ1、バジルペスト小さじ1、バルサミコ酢小さじ1、練り梅少々、で作ります。

フェタチーズ、クランベリー、クルミ、ヘンプシードをトッピングしていただきまーす。
[PR]
by mshibas | 2015-02-11 07:55 | 料理 | Trackback | Comments(2)

庭の様子

この記事に載せた、とうが立ったスイスチャードが何十万(たぶん)もの種を付けて。

その種が散らばって。

その10ヶ月後はこうなった。
c0006164_714544.jpg
もうね、辺り一面スイスチャードが点在。何も手を加えていない、放任栽培です。
c0006164_7184262.jpg
カチカチの土なのによく育ってます。雨が降ってくれると大気中の窒素が降り注ぐのでグングン成長するのですが、もうこの冬(南カリフォルニアは雨期)は雨が降りそうにありません。このままだと今年はさらに深刻な水不足になりそうです。
c0006164_724026.jpg
大晦日の大雪にも堪えたケールです。冬に苗が弱ると思って新しく種をまいたのが左側。
c0006164_728347.jpg
ここにも越冬したケールが・・・。2週間前にビニール袋2つにいっぱい詰め込んでトマトの会に持って行ったんだけど、毎日暑いので伸びること伸びること・・・。

ニラの苗も3年ものになりました。小さな芽は小松菜です。

c0006164_7363037.jpg
アイスプランツも零れ種の定番になりました。

c0006164_7382159.jpg
今年はこの草の芽が庭中いっぱい出ているのですが、なんだか食べられそうな雰囲気しません?

なんでしょう、これ?
[PR]
by mshibas | 2015-02-11 07:42 | ガーデニング | Trackback | Comments(0)

味噌作り2015其の二

味噌の仕込みに行ってきました。

今年は10家族がY子さん宅に集まったので、広ーいリビングの家具をどかして床に大きなビニールシートを引き詰めた上で、皆で座り込みで大豆コネコネ、でした。

今年の反省点は、潰した大豆を冷蔵庫に入れておいたので、こねる時点でまだ冷たく固かったので米麹と塩を混ぜるのに時間がかかった。結果、「大豆は常温にして混ぜた方がいい」でした。

c0006164_14375360.jpg
バケツに投げ込んでギュウギュウに詰めた味噌の素。見た目は去年となんら変わりはありませんが、量は「二倍ニバーイ!」byジェシー高見山。

c0006164_14371923.jpg
プラスティックラップで覆って、皿で落としぶたをして、重しを乗せて、ホコリやゴミが入らないように軽く蓋をしておきます。今年は置き場所を変えてみようかな。

c0006164_14363640.jpg
仕込みが終わってお茶会。今回は大人数で、家を提供してくださったY子さん、お疲れ様でした。おかげで楽しい味噌作りができました。

来年はもう一人で作れるけど、こうやってみんなで集まってワイワイとやるのがいいんですよねー。
[PR]
by mshibas | 2015-02-09 15:08 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(2)

味噌作り2015

ついこの前に年が明けたと思ったら、もう2月!!

2月に入ると楽しいイベントがありますねぇ・・・な〜にかなぁ、ふっふっふ、

そーれーはー・・・?

味噌作り〜!!(って、もうタイトルに書いてあるじゃん)

去年の初めての味噌作りの経験値をさらにアップグレードさせるべく、今年は1年分の味噌を作ります。

だって、手作り味噌すごく美味しいんだもぉぅん。友人2人にお裾分けして、毎日のように味噌汁や味噌煮込み料理を作ってたら、2ヶ月でもう半年分の3分の2を消費してしまったし、しかも、2年熟成したものは更に美味しいとのことで、年内に消費する必要はないという安心感で、どーんと1年分作ってみようではないの、となりました。

なんせ、今年は圧力鍋という強ーい味方がいらっしゃる。

が、しかし、さすが去年の分量の2倍となると1日ではきつすぎるので、昨日と今日で余裕を持って作業をすることにしました。

半分づつ大豆を煮て潰すを5時間づつ、合計10時間の作業でした。(大豆を水につけてふやかす時間を入れたら、プラス19時間づつになります)

さて、圧力鍋の出番。去年は一気に大鍋で5時間半かけて茹でたけど、圧力鍋だと圧がかかって18分弱火にかければふわふわとろとろの柔らかさに茹で上がる。しかし、大豆は5回に分けて茹でるから、そのつど鍋をきれいに洗わないと行けない作業が生じる。それでも圧力鍋の方が時間が短縮できるので楽だわ。

c0006164_821170.jpg
↑ 大豆茹でてます。スチームと一緒に煮汁のしぶきがハンパないので水にさらしたペーパータオルで覆ってしまいました。ブジュブジュと湧き出てきた汁もサイドのペーパータオルでガードして、これで多い日も安心!

c0006164_8212711.jpg
↑ 茹で上がり。
むけた皮がスチームと一緒に飛び出すことがありました。

c0006164_8214888.jpg
↑ ざるにあけます。

c0006164_8221435.jpg
↑ 煮汁です。水は大豆をふやかした水でそのまま煮ました。濃くていい匂いです。後で使うのでとっておきます。

c0006164_8223489.jpg
↑ 熱々の大豆を袋に入れて潰します。今回使用したのはジャーの蓋の部分です。平面で潰しやすく、プラスティックなのでタイルのキッチンカウンターにぶつけても割れる心配はない。大豆が柔らかだったのでこのジャーでトントングリグリしていれば次のが茹で上がるまでに楽に潰し終える。

c0006164_104940.jpg
↑ 全て潰した大豆の総重量は5.6Kg。仕込みでは、これに米麹と粗塩と煮汁を加えるのでもっと重くなるんだなぁ・・・。

あー、腰痛いわー。

明日はトマトの会の皆さんと味噌の仕込み作業です。マンハッタンビーチまで往復4時間の道のりだぁ〜、私、ぐぁんばるわー。
[PR]
by mshibas | 2015-02-08 10:31 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(4)