「ほっ」と。キャンペーン

しばし柴たいむ

mshibas.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

毛色考②遺伝子テストで確認

7ヶ月ぶりに気が向きました。てへへ・・・。

7ヶ月前、「毛先が黒いのはみんなawってことにしちゃえ〜」と言いつつ、柴犬でawを、たとえヘテロで持っていたとしても、それはすっっっっごい事だよね・・・とにわかに期待しながらカリフォルニア大学デービス校(UC Davis)の毛色遺伝子テストで実際に確認してみました。

テストに送ったのは毛先に黒をたくさん持つ凛と毛先や中間に黒はあるけど全く目立たないミウ。

これが結果でした。
c0006164_8101596.jpg
(クリックで拡大)

ミウに関してはすでに生んでいる子が赤と黒なのでayとatを持っていると断言出来たのだが、凛も同じ結果だった。

まあ、凛は赤(毛先黒)の母と黒の父から生まれた子なので、冷静に考えればay/atなんだけどね・・・。

柴犬に関してaw遺伝子はそんな簡単に見つかるものではないと実際に遺伝子テストをして再認識しました。

で、E/Eは白柴(e/e)と交配しても絶対に白は生まれないという道理になります。(道理はそうでも実際は白柴とは絶対に交配しないし、知らない血統の犬とは交配しない主義)

何で7ヶ月ぶりに毛色考を書く気になったかというと、先日あるコミュニティサイトで欧州に住んでいる人の四国犬がaw/awとay/ayということで、この二頭の間に生まれた4匹は全てay/awだと書いていたのを見て、実際に四国犬の胡麻毛はaw/aw(この犬は毛色がはっきりした黒胡麻だった)であること、そしてay/ayの四国犬には毛先が黒い部分があり、胡麻毛のように見ようと思えば見えるけど実際は「赤」だった、という事実が判ったので、ちょっとまた興味が湧いたという訳です。

aw遺伝子に関しては四国犬で統計を取った方が絶対にいいですね、赤胡麻だと認識されてたものが遺伝子上では実は赤だった、という事が多々有りそうな気がします。

次回は三段毛のパターンの違いを書こうかなって思ってます。

・・・いつもの如く、気が向いたら・・・ですね。
[PR]
by mshibas | 2014-04-29 10:15 | | Trackback | Comments(0)

久々パピーズ

この子が一番のフォトジェニック。
c0006164_79458.jpg

生後25日目。
オスでこの可愛さはジャニーズ系?

しかし、iPad Miniのカメラで結構キレイに撮れますね。
[PR]
by mshibas | 2014-04-26 00:44 | | Trackback | Comments(6)

イースターで色々収穫

c0006164_1273621.jpg

今日はイースターなのでまずは何と言ってもニンジン(イースターバニー繋がりよ)。

Botanical Interestsの種を買って育てたんだけど、一昨年作った黒田の方が断然おいしかったなー。

明日葉はニンジンと一緒にスムージーにしました。

エンダイブはこぼれ種から勝手に生えて来た。今年のリーフレタスはもの凄く固い葉っぱなんだけど、原因は何なんだろう?

スナップピーズは塩ゆででマヨネーズを付けて食べました。

小さなスイスチャードはとう立ちした方、大きなのはこの冬種蒔きした新苗。お味噌汁にしました。

新鮮はご馳走。

ハッピーイースター。
[PR]
by mshibas | 2014-04-21 12:40 | ガーデニング | Trackback | Comments(0)

ニンニク収穫

スーパーマーケットで買ったニンニクが芽を出してしまったので菜園に植えたのが・・・たしか12月の末頃。

暖冬で、あれよあれよと芽が伸びて・・・

3月末には枯れて来て・・・

今はもう枯れ果ててスルッと抜けてしまった。

ニンニクの栽培方法を調べた時、11〜12月に植え付け、9月に収穫ってあったので、恐る恐る掘ってみたら・・・
c0006164_6492452.jpg

こんな小さいながらも球根がちゃんと分かれていた。

分かれてないのが5つあったのでこれらはまた植え付けてみようと思う。

・・・あ、今ふと思ったんだけど、

これ掘り起こさないで置いていたらまた芽を出して、今度は9月に枯れるのかもしれないな。

そしたらもっと大きなニンニクになって収穫できるのかも。
[PR]
by mshibas | 2014-04-19 06:59 | ガーデニング | Trackback | Comments(7)

豆乳モチモチヨーグルト

さてさて、豆乳ヨーグルトを作り始めて5ヶ月が過ぎました。

最初はプレーンで食べていたのですが、最近は酸っぱさが喉を刺激するため、冷蔵庫で冷やした豆乳ヨーグルトにオーガニックのきび砂糖を入れ、よーくかき混ぜて食べるようになりました。

うーん、食べると言うよりヤ◯ルトジョアのような喉越しの飲むヨーグルトです。

ある日、このジョア風豆乳ヨーグルトを数分放置したら・・・

固くなってモチモチな物体になっていた。

状態はプリンでもなくゼリーでもなく、餅粉で作ったゆるい餅というか、すったトロロ芋をすり鉢でよーくすってポッタリさせたような感じ。
c0006164_91184.jpg
スプーンにねっとりとくっ付いてなかなか落ちないヨーグルト。

写真のヨーグルトはいつも使っている無調整豆乳が無かったのでバニラ風味の甘い豆乳で作ったもの。そう言えば、抹茶味豆乳で作ったときもドロッとしたのが出来上がった記憶がある。

無調整豆乳で作ったヨーグルトに砂糖を入れかき混ぜて放置したのと、味を添加させた豆乳で作ったヨーグルトは同じ状態になりました。

今はこの、モチモチでSlimyなヨーグルトを食べるのがお気に入りなのですが、食べていてふと・・・

何でこんな変化が起こるんだろう??、乳酸菌の効果は変化するんだろうか??、と思い、シカゴ・ブルースさんのサイトを見回してみたら・・・

グレープおばさんのコメントの、カスピ海ヨーグルトのネバネバの質問に・・・

「カスピ海ヨーグルトの粘りけはクレモリス菌が作り出す多糖体によるものだそうです。(中略)山芋や納豆・昆布・オクラなど、粘りけのある食物にもそれぞれ異なった種類の多糖体が含まれており、これらの多糖体は免疫活性があるようです。」

と書かれておりました。

もしも、無調整豆乳で作ったヨーグルトに砂糖を入れかき混ぜて放置して出来た粘りが多糖体によるものだとしたら・・・

豆乳モチモチヨーグルトは普通の豆乳ヨーグルトよりも免疫活性がある、って事よね。

そして、それを知らずして今朝はよーーーくかき混ぜた手作り納豆に(写真の)ヨーグルトを乗せて食べた私。

免疫ものすごく活性された、って事よね。
[PR]
by mshibas | 2014-04-14 12:25 | 豆乳ヨーグルト | Trackback | Comments(4)

待ちに待ったブルーベリー

2年前にブルーベリーの小さな苗木を買いました。

去年は花も咲かずに終わったので今年は期待してなかったけど、暖冬で2月にすでに花が咲き・・・実が膨らみ・・・

色付いて来た。
c0006164_13165934.jpg

じつはもう完熟した実を3粒ほど試食したのだけれど、うん、甘くて美味しい。

肥料は鶏糞と米汁乳酸菌液のみ。

こんなにたわわに実ってます。
c0006164_13265976.jpg

これから花を咲かせる新芽もあって、まだまだたくさんの実が付きそうです。
c0006164_13283724.jpg

一眼レフを持ち出したついでに花の写真を・・・

セージの花。種から育てて3年目で初めて花が咲きました。
c0006164_1334522.jpg

ファーマーズマーケットで買ったシナモンバジル。これも種から育てた。いい匂いがします。
c0006164_13363073.jpg

小松菜の改良種「べんり菜」の花。そうです菜の花です。種を採取します。
c0006164_1340728.jpg

そして、これは何でしょう?
c0006164_1411124.jpg
とうが立ったスイスチャードです。

下葉や脇芽は収穫してしまったのでこんな状態でグングン伸びてます。

このまま花を咲かせて種を採取します。

どんな花が咲くかな? 

ちなみに後の方で地面に這いつくばって生えているのは野生化したアイスプラント。
[PR]
by mshibas | 2014-04-11 14:40 | ガーデニング | Trackback | Comments(4)