「ほっ」と。キャンペーン

しばし柴たいむ

mshibas.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ケール料理2

ケールはフルーツと野菜のスムージーに入れるのでよく買いますが、全部使いきれずにコンポストに行ってしまうことが多い。

ケールチップスは食べ応えがないし、ニガウリと一緒に炒めてみたら美味しかったので、今回はズッキーニと一緒に味噌汁に入れてみたら…

これも美味しい!

ケール味噌汁、お試しあれ。

で、早速、ケールの種を蒔きました。
[PR]
by mshibas | 2013-09-24 13:13 | 料理 | Trackback | Comments(2)

にがみあい

ニガウリ。

遠い昔に始めて食べて、うぇー苦くて不味い!って思った。

一昨年、庭で栽培している人から頂いて、美味しく食べる方法を聞いて、その通り食べたがやはり不味くて一本食べるのがやっとだった。

そして、今年もまた頂いてしまった。

美味しく食べる方法もまた教えてもらって、その通りにたべてみたら…、

あら、不味くない。

苦味の免疫が着いたんだ!と、喜んで、それならば…、

ニガウリにケールの苦いもの同士でにがみあいをさせたら相手の苦味でお互いの苦味が緩和されるのではないじゃろか?

と、ニガウリとケール炒めて食べたら驚くほどガッツリ食べられちゃいました。
[PR]
by mshibas | 2013-09-20 09:45 | 料理 | Trackback | Comments(7)

毛色考① 毛色の見直しをしてみる

サイトの「柴犬学会」というコンテンツで、 当時の乏しい情報を探りながら毛色遺伝子についてあーでもないこーでもないってうじゃうじゃと憶測を並べ立てていたのは14年以上も前の事。

去年、きり父さまから古い情報は間違いが多くて困ります、とお叱りを受けてしまい少しだけ手直しと付け加えをしたのですが、私自身もここに来て、まあ考えが変わったというか、余裕が出たのか融通が利く考え方ができるようになったというか、そんなことで柴犬の毛色の見直しをしてみようかなって思うようになった次第です。

と言っても、自分が所有する犬の毛色に限ってですが・・・。

以前、三段毛と毛色遺伝子の投稿で「awが胡麻毛を出す遺伝子だと判明しない内ははっきり断定できません。」とawの対立遺伝子を否定したのは、展覧会審査規程を追いすぎた理想の胡麻柴の呪縛だったのです。簡単に言うと、完全なる 胡麻毛の犬でないとawをホモで持つことは許されないだろーがっ!と絵に描いたようなきれいな胡麻毛を想像しながら勝手な理想論を持っていた訳です。

尚かつ、awホモを持つ犬種がシュナウザー、キースホンド、シベリアンハスキー、アラスカンマラニュート、ノルウェジアンエルクハウンドとなると、白〜灰色〜黒の色調が先行してしまい日本犬の胡麻毛色とはかけ離れた印象があったから。

あ、でも同じawホモでもスウェディシュバルハウンドは赤が混じって胡麻毛のようです。これを見ると四国犬は完全にawホモ持ってるよねっ!て思える。

ちなみに白〜灰色〜黒の色調は日本犬でいうと紀州犬のヌタ毛と同じ性質のような気がします。

でも、ん〜・・・もう考えるの疲れたから毛先が黒いのはみんなawってことにしちゃえ〜、って投げやり気味になってしまい・・・。(笑

そんな訳で、これからは同じ日本犬のルーツを持つ柴犬のaw対立遺伝子を肯定してうちのワンコ達の毛色を見直しながら探ってみたいと思います。

いつもの如く、「気が向いたらね!」

で、今後の毛色考に関して、be-so3(通称3代目)さまの「未整理箱。古い四国犬の話でも入れておこうか」を参考にさせていただきたいと思ってます。be-so3さま、どうぞよろしくお願いいたしまーす。
[PR]
by mshibas | 2013-09-14 16:09 | | Trackback | Comments(0)

Mead(蜂蜜酒)完成

2週間前に仕込んだミード。

試飲しました。

1週間を過ぎた頃からナメる程度の味見はしていたのですが…

ニガイっ!

で、チアシード入りクランベリージュースで割ってレモンと生姜の蜂蜜漬けシロップを少々…

ん、飲める。

お酒ですーーー。

ちょこっと飲んだだけでいい気分に酔っ払ってます~~~。
[PR]
by mshibas | 2013-09-11 11:36 | 料理 | Trackback | Comments(2)

はまってます。チアシード

ぷちぷちぷるぷるの食感が好きなので、やたら飲み物に入れちゃってます。
c0006164_1359246.jpg

素っ気ないマンゴスティンもコクコクな味になりトロトロの食べるドリンク状態に・・・。

こちらはKombucha。
c0006164_1410662.jpg

いつも作る野菜スムージー(今日は、リンゴばななマンゴーにんじんケール&ブロッコリです。)を割ってみたら・・・

飲みやすい!おいしー!(きったない色がいただけないけどね)

で、いい気になってガブガブと飲み干したらKombuchaに発生したアルコールでフワフワと酔っぱらい気分になってしまいました。

こりゃコンブ茶ではなくコンブ酒ですわ。
[PR]
by mshibas | 2013-09-09 14:24 | 料理 | Trackback | Comments(6)

オクラの実

揃って実が付きました。
c0006164_1047630.jpg

[PR]
by mshibas | 2013-09-08 10:48 | 一眼デジ | Trackback | Comments(0)

オクラ

オクラの花
c0006164_10224513.jpg

バーガンディーという品種です。

開花は一日。

花びらが萎んだ後はすぐに結実します。
c0006164_10282110.jpg

この頃はまだグリーンですが花殻が段々と取れて来ると赤紫に色付いてくるのです。
[PR]
by mshibas | 2013-09-06 10:38 | 一眼デジ | Trackback | Comments(2)

今日の収穫2

c0006164_146278.jpg

先に投稿した茗荷

エアルームトマト

チェリートマト

そして、Callaloo(カラルー)

Callalooは8月3日に苗を頂いて、23日に初収穫しました。
c0006164_1417345.jpg

(↑初収穫ブログに載せようと思って写真撮ってそのままにしてたわ。)

脇芽を数本残して伐採して、11日後にはその脇芽が伸びて2度目の収穫ができたというわけです。

水をたっぷりあげるとどんどん成長するということです。ママジル(米汁乳酸発酵液)は葉と根元に一度散布しました。

Callalooは美味しいです。ホウレンソウのような食感ですがアクは強くなく、クセもあまりない味です。太い茎も火を通すとやわらかくなります。ジャマイカではスープにしたり、クタッとするまでよく炒めて食べます。

野菜類が好きでないダンナですが、Callalooだけはよく食べます。これをパンにはさんで食すのが定番。
[PR]
by mshibas | 2013-09-04 14:43 | ガーデニング | Trackback | Comments(4)

茗荷の初収穫

今年1月に植え付けた茗荷の花穂が収穫できました。

9月に収穫できる遅咲きの品種と聞いていたのでこれから出始めるかな〜、って探ってみたら、もう花が咲いているのが見つかり慌てて収穫。
c0006164_453282.jpg

早速、おそうめんの薬味で味見。

すると、フッ、と井上陽水の少年時代が頭の中で流れ出した。(また陽水です。笑)

日本の夏の思い出が茗荷のほろ苦さと共にほろほろと駆け巡る・・・。

実家の地区では今月、4年に1度の大祭りがあるそうです。

それはそれは歴史があり立派な重い神輿が田舎道を練り歩くのですが、そんな神輿を担ぐ若者達が今いるのだろうか・・・?

(写真は光二丸船長日記さんからお借りしました。)

などと要らぬ心配をしながら母の茗荷を味わっている。
[PR]
by mshibas | 2013-09-04 06:01 | ガーデニング | Trackback | Comments(2)

犯人は誰だ!

一ヶ月前に初めて収穫したエアルームトマト

その時に発見した小さな実が色付いたので(一ヶ月もかけて育つとはほんと効率の悪いトマトだ)、昨日一つを収穫して残りはあと数日後に収穫しようと楽しみにしていたら・・・

今朝見たら何者かに齧られていました。
c0006164_8523940.jpg

これだけ思いっきり齧るのってオポッサムかな?

でもオポッサムって野菜食べるの?

しょうがないのでこのトマトは種を穫ってからコンポストにします。
[PR]
by mshibas | 2013-09-03 09:09 | ガーデニング | Trackback | Comments(8)