しばし柴たいむ

mshibas.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

撮影会・・・久々だー!

朝日が昇りかけの日陰のドッグランで撮影したから色が曇ってます。(フォトショで精一杯調整したんだけど)

華凛、6ヶ月。黒差し毛が多い子です。四肢と額にも差し毛が出てくれれば完璧胡麻になるんだろうな・・・
c0006164_894232.jpg

でも、アメリカではこの程度で胡麻柴と呼ばれるみたい。
c0006164_810273.jpg

私は赤でも胡麻でも犬に「味」があれば毛色の呼称など何でもいいんだけど・・・
c0006164_8102755.jpg

単に「柴犬」と呼べばいいだけで・・・
c0006164_8111556.jpg

でも実際、「◯◯柴」と言った場合、何かしら特別な・・・レア物のような響きを与えてしまうので好んで使う人はいる(豆柴がいい例)・・・でもまあ、毛色ははっきりさせたほうがいいかもしれない。
c0006164_8112791.jpg

黒差し毛もぼかしたように均等に出ていれば赤としてもなかなか味のある色合いになるかと思う(親ばか)。

うちの中で一番濃い赤毛美羽。この美羽も黒差し毛を持っているが量が少ないので目立たないだけ。
c0006164_8505120.jpg

華凛の方が良い毛質をしていると思う。換毛後この黒差し毛がどう変わるか・・・。
[PR]
by mshibas | 2012-10-27 09:17 | | Trackback | Comments(0)

乳酸菌培養液の効果

乳酸菌培養液(俗に言うEM菌)の消臭効果は10月1日のエントリーで書いたのだが、家庭菜園に撒いた効果がこれ。
c0006164_1447403.jpg

左の2つが培養液を撒いた後に伸びた枝からなったミニトマト。明らかに一回りは大きい!

夏が終わるとトマトの枝は病気がちになって終わりになるのだけれど、培養液を撒いたら元気な枝がワサワサと成長して花もいっぱい付けるようになった。芽かきをするのが大変なくらいの発育状態になったのだ。液は100倍希釈を2回撒いただけなのでとても満足な効果です。

もう1つ驚く効果が・・・。

2ヶ月前から食欲が無く痩せてしまった美佗。獣医からは安楽死宣言されたほど深刻な状態だったのがこの培養液を飲ませていたらある日いきなり食欲が出て、今は以前のようにスンスンの食べ残しまで食べてしまうほどになったのだ。これで体重が元通りになってくれると嬉しい。
[PR]
by mshibas | 2012-10-25 15:15 | 米汁乳酸発酵液 | Trackback | Comments(0)

毛色遺伝子 赤x白=何色?

ある方から子犬誕生の写真をいただきました。
c0006164_5591178.jpg

白柴のメスから4匹の赤柴の子。生まれた全てが赤ということでした。

父犬は赤です。

毛色遺伝子のE座を推測すると、白(母)はee、赤(父)はEE。結果生まれた子は全てEeなのでA座の赤毛が表現されたようです。

*写真は撮影者さんから承諾を得て掲載しています。
[PR]
by mshibas | 2012-10-21 07:15 | | Trackback | Comments(4)

塩麹完成

仕込みから一週間後、塩麹が完成しました。毎日味見をして旨味が出て来るのを実感してきたのだけれど、完成間際になって匂いが急に甘酒になったのにはびっくり。塩いっぱい入ってるのに何でこんなに甘ったるいニホイ・・・.

あぁ、母の実家の米麹で作った甘酒を思い出す。

いいニホイ・・・。

で、昨夜漬けておいた鮭の切り身を料理しました。
c0006164_12311724.jpg

レモン汁、ブラックペッパー、タイム、スカリオンを加えホイルで蒸し焼き。
まろやかなしょっぱさにほんのり甘味が旨味〜って感じ。

醤油麹も仕込み中。
[PR]
by mshibas | 2012-10-19 12:51 | 料理 | Trackback | Comments(2)

塩麹の仕込み

今日は久々にサンディエゴにある日系スーパーへ買い出し。

2ヶ月前から作りたかった「塩麹」「醤油麹」の材料を買い、早速仕込みをしました。

最近、うちのキッチンは発酵物だらけ・・・。
[PR]
by mshibas | 2012-10-12 15:42 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(2)

マイぼかしの作り方修正

一週間後、ふと思った。

発砲スチロールの密閉容器の中でぼかしは無事に発酵しているのだろうか?、何日発酵させればいいの?、発酵後はどうすればいいの?

実は、私ってば、ぼかし作りの行程を最後まで把握してませんでした。

で、蓋を恐る恐る開けてみると・・・

表面にところどころ白カビがポツポツと付いていた。

湿っているけど臭いは大丈夫。

白カビをもみ崩して混ぜ合わせてみたら、昔、母の実家で作っていた米麹を思い出してしまった。

美味しかったなー、甘酒。

前置き長くなったけど、参考にした作り方を再確認してみたら、プラスチック容器に入れて日光の当たる所に2〜3週間置いて発酵させるのだった。

早速黒いポリ袋に入れ直して空気を抜いて口を縛り、これであと2週間日光浴させることにました。

どうなることやら・・・1週間後に開封してぼかしの様子を見てみます。
[PR]
by mshibas | 2012-10-09 07:26 | ガーデニング | Trackback | Comments(0)

マイぼかしの作り方

今朝、ふと思った。

米ぬか50パウンドで「どんだけー」のぼかしを作ろうとしているんだ、わたしゃ・・・庭中撒いても余るわ!

てなもんで、いつもお買い物するストアーで量り売りのWheat Branを2パウンド買った。

なんで米ぬかを買わなかったのかというと、アメリカで米から高濃度のヒ素が検出されたというニュースがあって、ヒ素が多く含まれる部分がぬかということなのだ。

さらに、パウダー状のものは混ぜる時に扱いにくそうだったから市販のぼかしと同じ形状のBranがいいのだ。

しかも、ここのWheat Bran、1パウンド=¢43。安っ!!Molasses(糖蜜)もアマゾンで買うより安かった。

EM菌も、よく考えたらボカシキットを買った時に送料無料にするための金額調整でおまけで買ったのがあったよ。(古いけど大丈夫かな?)

前置き長くなったけど、材料が揃った所で私のぼかし作りです。
c0006164_17155696.jpg
Wheat Bran 2パウンド
Molasses 6ミリリットル(大さじ1強)
EM液 6ミリリットル(大さじ1強)
汲み置き水 400ミリリットル
40〜50℃の湯 200ミリリットル
c0006164_1733735.jpg
Wheat Branを混ぜやすい大きさの容器に入れます。
蓋付きのプラスチック容器でもいいです。
c0006164_1729679.jpg
MolassesとEMを湯の中に入れてよく混ぜます。
混ざったら水を加えてよく混ぜる。
c0006164_17383263.jpg
混ぜた液体をBranにかけて・・・
c0006164_17403833.jpg
よーく混ぜ合わせます。
c0006164_17414644.jpg
ギュウっと握って塊がポロポロと軽く崩れる状態の湿り気です。
c0006164_1744125.jpg
ビニール袋を被せて上から押して十分に空気を抜きます。
c0006164_17462357.jpg
空気が入らないようにピッタリ蓋をして室内の日が当たらない場所に置きます。
密閉容器が無い時は黒ビニール袋にぼかしを入れて空気を抜いて口をガムテープなどでとめておくといいそうです。
[PR]
by mshibas | 2012-10-02 17:59 | ガーデニング | Trackback | Comments(0)

マイイーエム完成!

早速、犬の尿浸けになったマットで消臭威力を試してみました。

培養液を水で100倍に薄めたものを2リットル、アンモニア臭漂うマットとその周辺に惜しみなくバシャバシャ〜とまき散らしました。

乾いた頃、鼻を近づけて思いっきりクンクン・・・

「臭くナーーーーイ!!」

更に2リットル作って犬たちのクレートとクッション、ガレージの床、バックヤードのドッグランにスプレー、水入れにも犬にもスプレー。

あんなに気になっていた雄犬のマーキングの臭いが

「気にならナーーーーイ!!」

キッチンカウンターもバスルームのシンクも拭いて、洗濯機のドラムの裏側の匂いも気になるのでスプレー。

半カップほどしか作らなかった培養原液がまだまだ残ってるよー。

c0006164_12443883.jpg実は第一作はすぐに黒カビが生えて失敗した。原因はきっと良く撹拌しなかったのと賞味期限切れのミルクを使ったからかもしれない。

この完成液ははっきり言って何を入れたのかまったく覚えていないのである。

たぶんオーガニックヨーグルト、オーガニックミルク、バナナ、冷凍マンゴーで作ったスムージーの残りカスを少量の水(汲み置きしたもの)で洗い集めて黒砂糖を一摘み入れたものかもしれない。
c0006164_13535184.jpg
使用後に撮影したのでかなり減って分りにくいけど、こんな色です。

匂いは、ツンと酸味の効いた、十分に発酵した果実酒って感じ。

培養開始時は撹拌されて白い液でしたが、徐々に分離して発酵で浮いた部分と透明液と沈殿物に分かれました。

その後白い浮遊物はしぼんで来て、沈んで沈殿物と一緒になってしまいました。
c0006164_14132364.jpg
右は米とぎ汁、ヨーグルト、黒砂糖、ドライイーストで6日間発酵したものです。

上部に付いた白い菌で良く培養できているかが解ります。

左は今日仕込んだ米とぎ汁です。先出のリンクを参考に作ろうと思い、少々の塩(岩塩)を入れて2日間発酵させてから黒砂糖を入れます。

更にヨーグルトスムージー液も作っているので、どの材料で作るのが一番良いか比べてみます。

培養液はコーヒーフィルターで濾して不純物を取り除いても良いそうで、残った沈殿物はパックするとお肌ツルツルになるそうです。
[PR]
by mshibas | 2012-10-01 14:46 | 米汁乳酸発酵液 | Trackback | Comments(0)

オポッサム

狩猟魂バリバリのうちの柴s。

フェンスと物置の間をしきりに引っ掻くなぁ、と思って隙間を覗いてみると・・・

暗がりだったので、何これ?でっかいネズミ?いや、野うさぎの子?

長い棒を入れてみると「シャー!」とものすごい声で威嚇するではないか。

ライトライト・・・、そうだ、カメラのフラッシュ、写真も撮ろう!

で、こんなのがいました。
c0006164_564148.jpg

オポッサムの子です。

犬たち、猟りをしたいのは分るけど野生動物に噛まれると病気が心配なので、

しかも・・・
c0006164_5284584.jpg

こーんな凶暴な「シャー!」を見ちゃうと、カワイクなーい、アンタどっか行っちゃってよ、って思っちゃう。

斯くして、オポッサム追い出し作戦開始。(ま、放っとけばその内逃げるのだろうけど、今そこにいられると犬たちが大騒ぎで近所迷惑になるからね)

追い出し用兵器は「水」。

噛まれるといけないので物置の屋根に上って、上から水をかけてやるとフェンスをよじ上って隣家の庭へ逃げてった。

8年前はこんな住宅地にコヨーテが現れたりしたんだけど、今はねずみも野うさぎもリスもぱったり見なくなってしまった。

このオポッサムも山に行ってくれれば生き延びてくれると思うんだけど・・・。
[PR]
by mshibas | 2012-10-01 05:59 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)