「ほっ」と。キャンペーン

しばし柴たいむ

mshibas.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

乳酸菌培養中

日本で放射能除染にEM菌が有効だの、そんなのウソッパチだの、なんだのかんだの話題になっているようですが・・・。

私はぼかし作りにEMを必要としていました。

涼しくなって来たからそろそろぼかし作りやってみるか〜、と重い腰を上げて、原料の米ぬか(馬の飼料用、50ポンドで$15、安い!)が買える店を市内に発見。あとはMolasses(糖蜜)は近所のマーケットで購入できるし、EMはアマゾンから買うしか無いかな?って思っていたら、EM、すなわち有用微生物群を自分で作って、それでぼかしを作っている方から情報をいただいた。

要するにEMは光合成細菌、酵母、乳酸菌、糸状菌など無害微生物(善玉菌)を培養させればいいだけでした。

材料は、米のとぎ汁、ヨーグルト(またはヤクルトなどの乳酸菌の入ったもの)、納豆、ドライイースト、糖蜜(白砂糖や黒砂糖も可)など。ペットボトルの容器で培養するので安く簡単で良いものが作れるって寸法です。

サイトで調べると材料や作り方や使い方は皆さんそれぞれで自分に合った方法を選ぶのが良いと思います。

家では兎に角、ごはんをたっぷり炊きますから、米とぎ汁を使います。

以下のサイトが参考になります。
米のとぎ汁で乳酸菌を培養する

試作液1号が月曜日に完成予定なので、まずは犬のおトイレの消臭に使ってみる予定です。
[PR]
by mshibas | 2012-09-30 09:09 | 米汁乳酸発酵液 | Trackback | Comments(0)

Garbage Disposal設置

なるべく良いものを安く買いたい私がネットをくまなく探して決めたのがこれ

やっぱ、アマゾンが一番お買い得だわ、送料タダだし、しかも更に$24.90も割引になっていた。なんてラッキー!

これを買った理由は、外観がきれい(ま、シンク下に隠れるのでどうでもいいんだケド)、壊れたのと同じメーカー、音が静か、取り付け簡単、レビューも良好だったから。

昨日の夕方に届いたので、今日早速息子と二人で設置しました。
c0006164_17244511.jpg

同じメーカーなのでパイプを繋げる位置はぴったり、シンクに接着している古いリングにそのまま本体をはめ込んだだけ。簡単に設置したように見えるけど、ま、初めてなので戸惑った部分も...、でも次回リモデルする時に設置し直す際は手際良くできるでしょう。

ところで、Garbage Disposalと言う機械は生ゴミを粉砕して汚水と一緒に下水に流してしまえ〜、って代物だから使用説明書には野菜やリンゴの皮、パイナップルの頭なんかも丸ごと入れちゃって処理しましょうと写真入りで解説。これで台所のゴミ入れの汚臭は気にせずに済みますよ・・・って、うちの生ゴミは全てコンポスター行きなので、このGarbage Disposalがいくら粉砕威力があっても無意味だったのでした。(笑
[PR]
by mshibas | 2012-09-20 18:14 | DIY | Trackback | Comments(0)

Garbage Disposal

昨年12月の投稿「Water Heater」同様。

キッチンシンクのGarbage Disposal(ゴミ処理機)が作動しなくなった。今回で二回目。前回はスタータースイッチを入れ直したら作動したが、今度は完全にお陀仏となったようだ。

1988年に家が建てられた時から使っている物なので24年の寿命でしたね。

キッチン総リモデルを構想して早8年、天井のライトカバーが壊れても、どうせ天井をリモデルして照明も変えるのだから、とカバーが外れたまま・・・。

オーブングリルの上にある換気扇が付いた電子レンジも入居当初から油でギトギトに汚れたまま、どうせ使わないしリモデルする時は捨てるのだから、と掃除もせず・・・(あ、でも去年のクリスマス、義妹が来たので初めてきれいにしたっけ)。

ダンナがカチカチに固まってしまった箱入り黒砂糖を崩すため、タイルでできたカウンタートップの角に何度も力一杯ぶつけて割ってしまったタイルも接着剤で着け直して・・・。

でもGarbage Disposalは放っておいたらきっと水が流れなくなって、悪臭がするだろうし、まだまだリモデルは実践できそうもないので新しいのを買う事にした。

で、先月からipadを買おうと思っていたのよね〜・・・先送りになってしまった。でも考えてみればもうそろそろニューモデルが出るらしいので、これはそれまで買うのを待ってみろ、ってことかもしれないな。
[PR]
by mshibas | 2012-09-13 08:22 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)