しばし柴たいむ

mshibas.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

オフィシャルフォト

待ちに待った写真が届きました。
c0006164_1636625.jpg

ジャッジは台湾ケンネルクラブのMr. Alex Zee、去年は同じ会場でお立ち台とバックグラウンドの幕が掛かったフォトブースで撮ったのだけれど、今回は審査が終了したリングの中の撮影だったから全体が薄暗い。
おまけに黒髪の東洋人と地味な色の服、しかも黒柴と来たもんだからまるっきり華やかな色がない写真に出来上がりました。

でも、スンスン、やっぱり我が家のトップモデル。
かっこいいー!
はい、親ばかです。
[PR]
by mshibas | 2010-02-22 13:32 | | Trackback | Comments(2)

嬉しい気分、嫌な気分

昨日、今日はSan Bernadinoのショーへ。

すっかり発情が終わったスンスンは落ち着いていたが、やっぱりアテンションを取るのが難しい。
去年あれだけフリースタンディングを決めていたのに、もうキューキューオモチャに見向きもしなくなってしまった。おまけに動き回るのでステイさせるのが一苦労。
ただ一つ、今まで気にしていたムーブメントは完璧にこなせるようになったのだが・・・。
そんな訳で、なんだかもうスンをショーするのに疲れてしまった。

今日もモチベーションは上がらず、昨日よりもテーブルが上手くできてスタックが長くできればいいや、って感じだった。が、ウィナーズビッチに選ばれてメジャーポイントが取れた。
まったくヘナヘナなスタックだったのに、ジャッジがアテンション取っているのにそっぽ向いていたりだったのに、ふ〜やれやれ・・・。

ほっと一息で次のステージに並んだ時、前にいたウィナーズドッグのハンドラーがこそこそと声をかけてきた。

「あなた、もうメジャー取れたでしょ。私の犬これでベストオブウィナーに選ばれればメジャーでフィニッシュできるの。だから、わかるでしょ、あなた、へたくそなハンドリングして勝たせてちょうだい。」

・・・・はぁ?
いかさましろっての?あなたの犬を勝たせる?私だってここまで苦労して来てるのに。へたなハンドリング?これだけ満足できないハンドリングをもっとひどくしろっての?冗談じゃない。

「全てジャッジしだいでしょ、私は自分のベストを尽くすけど・・・。」

スンスンがベストオブウィナーに選ばれた。

その人はリングを出てすぐ、私が勝たせてくれなかった、みたいなことをこそこそとダンナに話していた。

勝てて嬉しいけど、もの凄く嫌な気にさせられたのであった。

ところで、今日のジャッジは見るからにアジア系の人。話をしたら台湾出身だそうだ(というか後で調べたら台湾から来たジャッジでした)、どうりで日保の柴が判るわけだ。私は日本で日保の柴犬をやってたと言うと、片言の日本語をしゃべってくれた。アメリカ柴のタイプの違いを話したり、台湾の柴犬事情も聞いて、なんだか落ち込んだ気分が回復した。

写真撮影は去年と同じカメラマン(今回は画像確認させてもらったよ)、そう言えば去年も同じ会場でメジャーを取ったんだっけ。
写真が送られてくるまでこの画像をはっておこう・・・。
c0006164_10452485.jpg

[PR]
by mshibas | 2010-02-01 10:46 | | Trackback | Comments(0)