「ほっ」と。キャンペーン

しばし柴たいむ

mshibas.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

私ってペテン師

英文を翻訳サイトにかけてみたら・・・私の省略名、Chizが「ペテン」と表示されていてビックリ。

私ってペテン師だったんだー!

今迄、名前の省略のつもりで軽く考えていたからまさか意味なんて無いだろうと思っていた。だからこんな聞き捨てならない(正確には聞くではなく見るだから「見捨てられない」になるのだけれどこう書くと微妙に違った感情になるんだよね・・・ん?あ、そうだ、「見逃せない」にすればいいのか・・・でもやっぱり「聞き捨てならねぇ」が感情的にしっくりするんだよね←言い訳長いぞ)訳を見せられて即辞書を開いてみた。

あるある、chiz。俗語でくつろぐ、楽にする、休むって事か〜、これは何となく私っぽい(笑。
そう言えば、昔ダンナに書いたEメールにChizzz・・・(ー_ー)って寝たふりを書いてたっけ。
もうひとつの意味は子供が使う俗語でcheatとswizが組合わさった言葉でこれがペテンの意味だ、でもこれは英俗となっているからこっちでは使わないのかな?

念のためダンナに聞いてみると、アメリカではchizなんて言葉は使わないらしい、でも若者言葉って進化しているからダンナが知らないだけ、かな?どうなんだろう?
[PR]
by mshibas | 2009-05-30 14:39 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(2)

砂漠庭に春

ガーデニングカテゴリがあったのをすっかり忘れていました。
c0006164_9502371.jpg
c0006164_9504793.jpg植えても植えても植物が枯れてしまうのでガーデニングはとうの昔に止めてしまいました。

でもやっぱり春先になると鉢植えの花が欲しくなってコンテナでちまちま育てたりしています。

庭は犬たちに解放して、まっさらな砂漠地帯と化してしまいました。

で、今、二年前に買った花のこぼれ種が勝手に咲いています。

これはブラキカムみたいだけど名前は忘れてしまった。触ると独特な匂いがします。このせいか犬たちはこの花にいたずらしません。だから庭中に点々と咲いています。

二年前、写真のコンテナと同じ場所に植えていたのでここだけ特に密生していてちょっと豪華な庭になっています。

この飛び石に犬を座らせて撮影しようとしたらやはり誰一匹この花に近寄ろうとはしません。

酸っぱいようなツンとした匂いが嫌いなんでしょうか。
[PR]
by mshibas | 2009-05-14 10:09 | ガーデニング | Trackback | Comments(5)

ウェブデザイン

最近はドロ〜ンとしてます。

ここ一週間、朝から晩までモニターとにらめっこ、おかげで疲れ目、寝不足、肩こり、腰痛、頭痛・・・でも出来上がるまでは止められない。

今回こそは出来上げなければ・・・。

何を出来上げるのかと言うと米国柴犬愛好会のウェブサイトなのだが、実は一年以上前に制作にとりかかってデザイン変更したのが今回で三度目。

最初のデザインはダサ過ぎですぐにやる気が失せた。しかも自分のサイトもデザイン変更したかったのでドリームウィーバーのクラスを受けてから二度目のデザインを作ってみた。そのうち自分のサイトの変更にのめり込んでエネルギーを使い果たしてしまったためにその後、BSAサイトはほったらかしになってしまった。

そして今、またデザインの虫がムズムズしてきて急にウェブサイトを作りたくなったので心機一転BSAサイトを作り出したのだ。

今回はCSSをもっといじくっていたら面白くて止められなくなってしまったという訳。で、フラッシュバナーなんかも作っていたらどっぷりのめり込んでしまったのだ。

デザインは自信があるのだがコンテンツの内容に四苦八苦している。日本語ページも作るから日本語文を英訳すればいいのだが私にとってはこれが一番難儀である。

とりあえず、来月アップを目標にガンバってみる。

↓タイトルバナーっす。
c0006164_935771.jpg

[PR]
by mshibas | 2009-05-11 09:10 | アート | Trackback | Comments(2)

あのこはだぁれだれでしょね♪

前回の投稿に「ミクってだぁれ??」ってカキコがあったのでこの童謡を思い出してしまったのだが、ハテ?題名は何だったのか思い出せない。

で、最近は懐かしの音楽をユーチューブで探ってみたりするのだけれど、がっつりとツボにはまったのがこれなのだ。



かけブトン?だレイラ? (ぶぁく笑〜)

この番組ってうちの子供たちがまだちびっこの頃見てたな〜。このシリーズは他にもクィーンの名曲ボヘミアンラプソディーやアバのダンシングクィーンをパロってて私位の年代には笑いの御馳走である。
(同年代でもクィーンって何?って言った人もいたけど・・・)

さて、本題の「ミクってだぁれ?」なのだが、私が好きなミクの顔が良く撮れているお気に入りの写真がこれ。

c0006164_17143132.jpg

だレイラ?って聞かれないようにキャプションを入れてみました。(笑
父方の血統が良く表現されています。ひいおじいちゃんは春風号エヒメ立川。ちょこっと小粒な感じも血統遺伝かな?目形、口吻の出し、口の締まり、しっかりした下あご、そして歩様がきれいなのも結構お気に入りですが、なんたってミクの一番好きなところは日本犬らしい性格なのだ。

ミクは一歳くらいの時に顔に怪我をして化膿してしまったことがある。獣医で化膿止めの注射と抗生剤をもらったついでにかさぶたの下に溜まった膿を出せるものか聞いてみたら、
「メスを使うから麻酔で眠らせてからでないとダメだね」
と、言われてどうしようか悩んででいたところ
「かさぶたをめくって絞り出せるかもしれないから自分でやってみたら?」
と、また獣医が言ったから
私、「どんな風にやるの?ちょっとやってみてくれる?」
「やだ、俺はやらない、自分でやって」(抵抗されて噛まれると厄介だと思っている様子)
私、「どれ、じゃあ自分でやってみる」
かさぶたをめくっている間、ミクは全く動かずに平常心。それを見た獣医は
「こうやって・・・」
と、手を出して来てすっかり膿を縛り出してくれた。その間、ミクは大人しく治療を受けていたのだ。最初ビビっていた獣医もそんなミクにすっかり感動して、獣医院にいた人たちに
「この犬はすごく良い性格だよ」
と、言いふらしていた。

よく負傷した猪猟犬が麻酔なしで縫合を我慢する、なんて話を聞くけど、なんだか美侘もミクもそんな感じの我慢強いヤツかも、って思えてならない。

血統を選んで、納得する交配相手を選んで、ミクはうちで五代続いた大事な血統の子なのだ。
[PR]
by mshibas | 2009-05-07 17:41 | | Trackback | Comments(4)

フォトショップ万歳

地元の子供祭りのパンフレットに柴犬の写真が欲しいって依頼が来たので今日は朝から撮影会。
私が写すのってみんな立ち込みで構えたポーズばかりなのでここは一つ“ほのぼの系"でいってみようと思うがモデルたちはなかなか思う場所(日陰で背景が良い)で思い通りのポーズ(仲良しほのぼの)をとってくれない。

そこで、グンの横にミクを寄り添わせて、ほぼ“やらせ"のポーズでやっとこの1枚が撮れた。

あちゃ〜、グンってば何て間抜けな顔なんだ。これは使えない。
c0006164_1259544.jpg

で、グンが同じようなポーズで座っていたところを撮って・・・
c0006164_12594416.jpg

合成〜。
c0006164_1301538.jpg


この写真だと小さくて判らないけど、フォトショップでいじり出すと止まらないので結構レタッチかけて仕上げてみた。
[PR]
by mshibas | 2009-05-02 13:17 | アート | Trackback | Comments(3)