しばし柴たいむ

mshibas.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

地元柴に遭遇

地元のお店で植木を見ていたら柴犬を連れた人に出会った。

「ヘイ、シバイヌ〜。うちにもいるんだよ」と言っていきなり頭から首周りをガシガシと可愛がってしまった。
だって、チビチビでコロコロで、もう見るからに人(犬)のよさそうな、なつっこい雰囲気の子(と言っても子犬ではない)だったからつい・・・。
で、もっともっと〜、と身悶えするからダッコしてあげたらすっかり身を任せて喜んでいる。
まるっきり警戒心のないやっちゃ〜。

この柴犬は「スキ」という名前。私は他にもSatsukiの発音が短くなって「スキ」とAzukiが短くなって「ズキ」と呼ばれている柴犬を知っていたのでちょこっと親近感。

オーナーが聞いて来た。
「柴犬って他の犬と仲良く出来ないの?トレーナーに訓練してもらったら出来るものなの?」
私、「人にはなつっこいけど犬とは仲良くしたくない柴犬って結構いますよ。相手が遊びたがっても“ほっといてよっ!”って吠えるの。(笑)」

もう少し話したかったけどオーナーはレジに並んでいるダンナさんを気にしていたので引き止めなかった。

4年半住んでいるこの町で偶然出会った柴犬はこれが6頭目であった。
[PR]
by mshibas | 2009-04-28 17:08 | | Trackback | Comments(0)

只今換毛中

今日と明日は家から車で40分で行けるChinoという所でドッグショー。
でも私は家で庭いじり。
二日とも4ポイントメジャーの出陳数なのだ。
でも私は家でブログを書いている。

スンスンの換毛はゆっくりだ。3月から始まって今やっと首周りに残った棉毛がゴソゴソと抜け出した。美侘もそうだったが、3月から9月は毛が無くてショーに出せない。今の時期は近場でショーがあるのに残念である。

アキーとミクは今毛葺きがとても良い。親子で同じ毛質、同じ体質をしていて見た目「ころころふかふか」という雰囲気でキレイな感じの毛なのだが、日本犬標準から言わせると「あまい」となる。逆にこういう毛質はAKCでは好感が持たれる良い毛と見なされているようである。

毛質が一番良いのはグンである。ちょっと黒の差し毛が目立つが剛毛は長く堅く真っ直ぐ。綿毛は絡まるように密に生えていて、しかも頑丈なのでブラシを通すのが大変。
昔よく「毛が割れる犬」を展覧会で見たが、グンの毛も割れている。きれいにブラッシングしてもすぐ割れる。この割れるのが良い毛質なのかどうかははっきりと聞いた事は無いが、性格は剛毛とは正反対なとっても柔らかいヤツである。
[PR]
by mshibas | 2009-04-26 08:09 | | Trackback | Comments(0)

責任添加物

娘の車が3月16日で登録切れになっていた。
なので今朝あわててDMV(日本で言う陸運局)に再登録しに行った。
登録切れから一ヶ月以上も経っていたのでかなりの延滞料金を取られるだろうと覚悟しながら。

諸々の支払いは事前にきちりとこなす私だが、何で忘れていたのだろう?と考えると、DMVから請求書が来なかったからである。
でも、登録切れの月が書かれたステッカーがナンバープレートにくっ付いているので自分がしっかりしていれば自主的に期限内に再登録はできるので、「こりゃ自己責任で延滞料金払うのも仕方が無いか・・・」とどっぷり日本人感覚になっていた。(というか遠慮深い私の性格なのか?)

で、DMVで
「再登録ですね、・・・では154ドルになります。」
私、「!!(わ、わんはんどれっどふぃふてぃ・・・)え、延滞料金はいくらなんですか?」
「70ドルです。」
私、「(倍近くも取られるの?)あの、実は請求書が来なくて期限内に払い忘れたのですが・・・。」
「再登録は初めて?」
私、「はいっ!」
娘、「この車を所有して一年も経ってないからっっ!」
「初めてで請求書が行かなかったのなら今回は延滞料は免除しますね。84ドルです。」(あっさり)
私、娘、「(やったーーーっっ!)」

忘れてた、ここは責任転嫁(添加)物がてんこ盛りのアメリカなんだよね。
コーヒーが熱過ぎたからって訴訟を起こして勝てちゃう国なんだよね。
請求書が来なかったから払わなかったんだ。DMVの責任だ!が理にかなうのだ。

スピード違反のチケットを貰ったばかりの娘は更なる無駄な出費を免れたのであった。
[PR]
by mshibas | 2009-04-21 17:32 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(3)

犬の映画

今、アメリカではコメディ映画の興行成績が良いらしい。
コメディが人気なのはこの不景気なご時世、現実を離れて笑って過ごしたい。しかも10ドル足らずで劇場映画が楽しめるから。

動物ものも興行成績を収めるには良いらしい、特に犬映画は実写やアニメーションと次から次へと公開される。なのでストーリーが底をついてしまったのかどうか?驚いたのはウォルトディズニーがあの名作「南極物語」のアメリカ版リメイクを2年前位(?)に製作。
でも全然ヒットしなかった記憶がある。

で、今度のリメイクはビックリ!あのあまりにも有名すぎる忠犬物語「ハチ公」である。

どーーーーーー考えたってアメリカ人が日本犬の忠犬物語を作るのは無理があるんでないかい???
どんなストーリー設定なのやら、タイトルは"Hachiko: A Dog's Story"、主演はリチャードギア。彼が日本びいきなのは有名だけどだからって日本犬の風情や感性と絡めて欲しくはないとブーイングが出るのは確固たる日本犬愛好家の本音であると思う。これは”邦題「HACHI約束の犬」で日本でも今年の8月に公開されるそうだ。

そもそもハチ公物語のオリジナルは1987年に松竹富士が制作。仲代達矢、八千草薫、浦辺粂子、菅井きん、長門裕之、泉谷しげると名役者ぞろいで、日本人だから日本犬だからその時代設定の日本だから感動を伝えることができているのに・・・。

ハチ公についてはHachiko Waitという題名で子供向けの英語の本が出ている。
これは日本人イラストレーターが挿絵を描いているので日本情緒が伺えて私的には好感。

で、ハチは言わずと知れた秋田犬である。
アメリカ産のAkitaが原産国日本の秋田犬とまるっきり姿形が変わって定着されているのはアメリカのアキタ愛好家の混乱を招いている。
"Hachiko: A Dog's Story"では日本の秋田犬に似せるように赤毛で裏白のある犬を起用している。

この映画はアメリカのアキタ界に影響を与えることはできるかな?
[PR]
by mshibas | 2009-04-12 09:33 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)

はまったー

私の大好物は野菜。
炒め、蒸し、煮る、生、何でもガップリ(ガツガツとタップリ)食べられる。

で、キヌアサラダのレシピを見つけて作ってみたらこれがはまりにはまったのだ。
http://latinogohan.cocolog-nifty.com/blog/
キュウリ、トマト、乾燥クランベリー、シラントロを細かく切り、炊いたキヌアとコーンを混ぜる。レモン汁:バルサミコ酢:オリーブオイルを1:2:1でサラダに和える。好みで塩とか胡麻を加えてもよし。

レシピではオリーブオイルとレモン汁だけだったけど家のオリーブオイルが古くて臭みがあったため量を少なくしてその分バルサミコ酢で代用したのだがこれがクランベリーの酸っぱ甘さと絡んでいい味出している。

明日TJ'sへ行ってまた買ってこようっと♪キヌア。
[PR]
by mshibas | 2009-04-07 10:20 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(2)

キヌア

食料品の御用達にトレーダージョーズ(TJ's)という店を利用している。オーガニックや健康食品を扱うマーケットのハシリ的存在の店で、初めて行ったのは結婚する前だから20年以上前になる。その頃は独特な店構えとワインや輸入物の商品が並んでいてお客さんはスノビッシュな人たちだった。

今では店舗が増えて競合店もあちこちで出店されてとっても庶民的な存在である。私はTJ'sのフレンチローストコーヒー、卵、さとうきびから作った砂糖、ヨーグルト、ブルーベリージャム、サーモン、スコーンなどがお気に入り。試食コーナーも必ずチェックするのだが、今回Quinoaという不思議な食感のものに出会った。面白いので買って家で作ってみた。試食では水分が多くてベチャっとした感じだったが水を少なめにして炊いてみたらちょっとプチプチな食感がトンブリに似てる。

ウィキによるとキヌアは栄養価が非常に高くアミノ酸のバランスが優れている健康食品なのだそうだ。別名はペルー米とかインカ米なのだそうだ。現地ではよくスープに入れて食べられる、なのだそうだ。へ〜、知らなかった。
[PR]
by mshibas | 2009-04-01 13:02 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(2)