「ほっ」と。キャンペーン

しばし柴たいむ

mshibas.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

そんなに大騒ぎすることか?

水曜日は先週末のドッグショーの成績結果がスーパーインテンダントのサイトに公表される日だ。

今日は木曜日、知り合いからメールが来た。
「○○(同じクラスに犬を出していた人)があなたに知らせるようにメールして来たよ。リボンもらって写真も撮っているのだったらスーパーインテンダントに連絡してサイトの成績を直してもらったほうがいいよ」
一緒にコピペしてあったのはサイトの成績発表。スンスンがBOSではなくリザーブウィナーになっている、で、本当のリザーブウィナーもいるから変な成績だ。知り合いはわざわざ強調するようにスンスンとその犬の部分を色付けして送って来た。

あ〜、もう発表になってたんだな、みんなチェックするの速いな〜、しかもその人出陳してたんだから結果はもう知っているだろうに・・・。などと思いながらスーパーインテンダントに電話する私。
「あの、サイトに出てる成績の事で質問があるんですけど」
「はい、いつのショーですか?今コンピューターを立ち上げますから」
「日曜日、柴犬です。8番の成績がリザーブになっているんですが・・・」
「8番はBOSになってますよ」
「(あ、サイトを見ているのではなくファイルされている成績を見ているんだな)あ、それならいいです。サイトではリザーブになっていたから確認したかったんです。BOSですね、ありがとう」

「スーパーインテンダントは正確な成績をファイルしてるよ、サイトに出ている間違いは私は別に気にしないから」と、知り合いに返信メールを出したら、

「私だったら絶対直してもらうわよ!折角のメジャーポイントをリザーブにされておじゃんにされちゃうのよ。そんなの絶対に嫌だもんっ!」と返事が来た。

何を興奮しているんだ?ちゃんとポイント取っているってのに、サイトはただ間違えてタイプされただけなのに・・・。疲れるから返信はしなかった。

人間がすることなんだから間違えはあるよ、それを直してくれ!絶対直せなんて子供のだだこねみたいなことはしたくない、だって成績なんて自分が知っていればいい事でしょ?

これって日本人的な考えだ。アメリカって見せびらかして自慢するのが普通だからBOSがRになって人目にさらされているのはアルマゲドンが起こるぐらいの大問題なのだろう。
[PR]
by mshibas | 2009-01-30 15:58 | | Trackback | Comments(0)

メジャーポイント獲得

昨日と今日は家から車で1時間ほどのSan Bernardinoへ行きました。

って、これは去年のブログと同じフレーズだ。

昨日は惨敗、これまでのショーは「練習、練習〜」って気が半分あったから勝てなくても、ま、しょうがないか、って思えたけど、もういい加減勝てないと馬鹿馬鹿しくなってくる。クラス2席に置かれた時はボーゼン。背中にお茶乗せて走れそうな(テーブル体型)赤茶けた色の黒柴に負けた。????を頭の中一杯にしてBOB戦を眺めていた私。柴のリングが終わり、ギャラリーの一人がボゲ〜っとしている私に近づいて来てこう言った。
「私は柴犬のジャッジではないけど、私だったらあなたの犬を選んでいるわ、とても良い犬だと思う」
あはは、そんなにこの世の終わりのような顔していたのかな〜?でも、嬉しかった。美侘の時でもこんな風に声を掛けてくれる人がいた。だから諦めずにフィニッシュできた。

今日は俄然と本気モードにスイッチが入った。スンスンの短所は解っている。車嫌いで「お出かけイヤ〜」と文句が出る。車を運転しながら喝をいれるべく説教を言い聞かせる私。人や犬は嫌いではない、人には警戒しながらも興味を持って近づく、犬には匂いを嗅ぎ嗅ぎ、相手が興味を持ってくれたら「遊ぼうよー」と羽目を外すヤツだ。ショー会場では緊張させないようにしている。

アメリカで人気のTV番組The Dog WhispererのCesar Millanから学んだ。
「“緊張する犬だから"とハンドラーが無意識に意識しているから犬はもっと緊張する」
これを応用して、
「よし、緊張する隙を与えないようにしよう!」
と、キューキューネズミ(ウサギの毛を被せた音の出るオモチャ)でド派手に遊んであげたらは狂ったようにノってきた。スンスンのモチベーションを上げて挑んだリングは触診でド派手に抵抗したにも関わらずジャッジはウィナーズビッチに選んだのだった。結果はBest of Opposite Sexで1つ目のメジャーポイントでした。

あ、それと、今日は会場であの有名犬に会ったのだ。

柴犬の子犬を連れた人と遭遇したので立ち話、その人は「アキって名前なの」と子犬を紹介した。
「うちの犬と同じ名前だ。でもうちはAckeeって書くんだよ」と私。
「この子はAki、秋のアキ、フルネームはアキタツマキ」
とか話していたら、別の柴犬連れのカップルがその名前を聞いて
「お〜、この子があの有名な子犬だね、あの子たちは見ていて本当に可愛かったね」
と話に参加して来た。
私、「あ〜、あのパピーカムのAkiなの?じゃタ○ーから買ったのね」
と話が弾んだ。
Akiのオーナーは前にチャウでオビディエンスをやっていたとかで、Akiは初めてのコンフォメーション犬なのと誇らしげに連れ歩いていた。

どんな子になるか楽しみである。
[PR]
by mshibas | 2009-01-26 15:54 | | Trackback | Comments(0)

サイトが現れた

意外に早く解決した。ウィンドウズから昔使っていたFile Zillaを開けてみたら昔のファイルが残っていた。それをきれいに抜いてからアップロードしてみたらできた。

で、マックとウィンドウズではモニター表示がまるっきり違う。Wの方が大きく見えるし色も濃い目に見える。MもWも色調整はしているのだけれど、なにせ10年近く前に買ったLCDだから(当時7万円くらいしたんだよー)最新のマックとは比べ物にならないのである。だからMで作成したサイトをWで見ると調子が狂うのである。でもSafariに表示されないのがIEに表示されてたり、字の大きさでイメージファイルがずれちゃってたり、そんなの発見したからまた手直ししながら何度もアップロードして・・・あ、Fire Foxもチェックしないとダメかな。う〜〜〜ん、サイトを作るのって手間が掛かるな、もうぐったり〜。

コンタクトページにフォームを付けたのはいいけど、ここから投稿されたメッセージはどこで確認できるのかいな?との疑問を抱きつつリニューアルしたのであった。
[PR]
by mshibas | 2009-01-25 12:34 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)

サイトが消えた

サイトのリニューアルをアップロードしようとしたら失敗。どうにかこうにかドリームウィーバーからFTPをリモートサーバーに繋げたはいいが、新しいファイルが送れないのだ。今までのファイルは邪魔だからと抜いてしまったのでサーバーは藻抜けの殻状態。試しにCyberduck(マックの無料FTP)で繋げたが結果は同じでした。

このブログをブックマークしている人はここに来れるけど、ホームのリンクから来る人はごめんなさい。といってもここに来れないから意味ないじゃん。ウィンドウズのDWEXで作ったファイルをそのままマックのDWCS3に移行したせいかな?でもその逆はちゃんとアップロードしたからなー、原因はなんだろ?

兎に角、新しいファイルに問題ありだそうで、作り直さなきゃダメかな?アップロードはいつできるか解らないやー。

あぁ、頭イタタ。
[PR]
by mshibas | 2009-01-24 16:44 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)

ちょと宣伝

前にブログに写真家と陶芸家兄弟が身内にいるって書いたけど、その写真家の作品が地元のウェブサイトのフロントに掲載されている。
http://www.city.miura.kanagawa.jp/

三浦市というのは東京湾と相模湾を隔てた三浦半島の先端、マグロ漁港で有名な三浦三崎。三浦みかん、三浦すいか、三浦大根、三浦キャベツと野菜の特産でも有名だ。小さな田舎町なので若い人にはウケないが環境の良さで高齢者ケアセンターの利用が大人気のようだ。

昔ユーミンが山手のドルフィンから三浦三崎も見える〜、てなことを歌っていたがドルフィンは山手にはないし、東京湾の向こう側の房総半島を勘違いしたのか、歌詞の語呂合わせが良かったのか・・・兎に角、ドルフィンから三浦半島は見えないはずである。

それはさておき、そんな三浦の環境に魅了され移り住んだ有名人に上田正樹がいる。なんと私の実家の向かいに住んでいたのだ。今はその家には前妻のご両親が住んでいるが上田氏も三浦市内に住んではいるらしい。高倉健が別荘にいい物件を探しているとの情報もある。

私が小学生の頃、岡田真澄の兄、E.H.エリックが別荘を持っていた。田中絹代も三浦市在住でおじさん(祖父の義弟)の市長戦を応援した。私は記憶にないが市長に当選したおじさんを囲んでいる絹代さんの写真が残っている。

三浦市出身の有名人にはサッカー選手の山本 絵美、シンガーソングライターの有坂 美裕、歌手の三浦 洸一がいる。

そんな三浦の風景を撮っている写真家です。(写真関係で一応カテゴリはアート)
[PR]
by mshibas | 2009-01-23 15:11 | アート | Trackback | Comments(0)

Inauguration ー歴史が変わった日

毎朝6時に起きて、まずニュースを見るのが日課なのだが、今日は特別わくわくしながらニュースチャンネルをあれこれ回した。

四十四代アメリカ大統領の就任式に集まった人たちは二百万人を超えると言われ、リンカーン記念館からホワイトハウスまでのパレード街道はビルの屋上にも人が溢れかえっていた。初の黒人大統領の誕生をこれほどの人たちが祝うのも、奇しくもマーティンルーサーキング牧師の祝日の翌日ということもあり、黒人たちは本当に感無量だろう、私だって観ていて感激するんだもん。

今朝は散歩なしだから外で遊んでいなさい、とTVに食い入るが犬たちは就任式なんておかまい無し、だからちょうど大統領のスピーチが中盤に入った頃「ごはんは〜?ゴハン!」と騒ぐやつがでてきた。後でウェブサイトで見られるから、ま、いいかと犬の世話をして、用事と買い物のため外出した。

まだパレードしている時間に帰宅したので早速TVを見たらなんとビックリ、オバマ大統領はミシェル夫人と手を振って歩いているではないか!オバマのために、狙撃防止のために、最前のセキュリティを搭載したリンカーンリムジンなのに、それを乗り捨ててるー!!なんだかとってもとっても感動〜。

バラクオバマのカリスマをひしひしと感じる。私的にはボブマーレィとクロスオーバーする。ボブも白人(ブリティッシュ)と黒人(ジャマイカン)のミックスだし、笑顔の雰囲気が似ている気がする。こじつけかな?

兎に角、オバマファミリーは見ていてとても微笑ましい。これでアメリカに住んでいる楽しみが一つ増えた。
[PR]
by mshibas | 2009-01-21 12:53 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)

アレルギー性鼻炎

ここのところ30℃という初夏のような天候が続いている。

私は花粉の季節になるとアレルギーが出る、鼻水たらりん目がしょぼしょぼ。今はそれとは違う症状が出ている、鼻がぐずぐずくしゃみ連発。空気がものすごく乾燥しているのと、ホコリによるアレルギーなのかもしれない。

寒くても鼻水が出る。子供の頃、冬はいつも鼻たれだった。小学校に上がっても鼻たれが治らないので医者に診てもらったら慢性鼻炎と診断され鼻に注入するスプレーをもらった記憶がある。その頃はアレルギーという言葉は聞いた事はなかった。大人になるにつれ鼻炎は治って来たが、風邪にかかると強烈に鼻に来る。

初めて花粉症を自覚したのは子供が生まれ、関東圏外に移住したその年の春だった。毎年アレルギー性鼻炎を経験して4年後に関東の古巣に戻った時、鼻炎はぷっつり治った。

そしてカリフォルニアに来てアレルギー性鼻炎は再発、毎年ひどくなっている気がする。なるべく薬に頼りたくはないが、薬で楽になったほうが精神衛生上良いかもしれないと思う、暑さで息苦しくなる今日この頃である。
[PR]
by mshibas | 2009-01-19 14:15 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(2)

3年前のおニュー

「もっと食って肉付けろっ!」
ダンナが怒り半分でいつも私に言う言葉だ。アメリカ人の中にいりゃぁそりゃ痩せている、でも骨は太いし肩幅なんか男並、付くべきところの肉がないので貧弱に見えるだけだ。結婚前に着ていたパンツなんてとてもじゃないが尻から上が入らない、昔はもっと痩せていたのに何をいまさら太れと言うのだ。

3年前、T子さんに日本で買ってもらったユニクロのベージュのパンツが恐ろしくぶかぶかだったのでいつか売るときのために、とタグを付けたまま保存していた。私のワードローブはほとんどが黒なので、スンスンをショーするようになって服に困っている。で、前回のショー前にダメもとでユニクロをはいてみたところウェスト回りがちょこっと引っかかるようになっているではないか、こうなれば儲けもん!腰から腿のぶかぶか、裾の広過ぎ、丈の長過ぎなんて昔の職業柄で直すのは朝飯前。

というわけでぴったりサイズにお直ししてやっと日の目を見れるユニクロ。ブーツカットの裾広は今は冴えないので細くした。

どうだ、3年前に比べれば確実に肉が付いているんだっ!とダンナに言い返したのであった。

というか、腰周りが大きくなるって単におばはん体型になっているだけなんだけど。(笑
[PR]
by mshibas | 2009-01-16 14:05 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)

柴犬株上場

ここ2・3年、アメリカでの柴犬人気が高まっている。どうしてかというとメディアでよく見かけるようになったからだ。ずっと前にブログにも載せたが、某大手銀行のキャッシュカードキャンペーン用広告に眠る子犬が、Pet Edgeという卸業者のカタログにも眠る子犬、パピーパッドには商品のパッケージフォトに柴犬を使っている。昨日はPetcoでかゆみ止め、パッド噛み噛み防止、ホットスポット用など一連のスプレーボトルに柴犬を使っているのを発見。そして人気の極めつけは「柴犬パピーカム」だ。

去年11月、ニュースでパピーカムが紹介された。そこには6匹のよちよちの子犬たちが・・・。その時はどっかのウェブマニアが面白がって載せたんだろう、と思っただけでそんなに関心はなかったが、SFの柴飼い、みおさんから回覧板eメールが来たので、全貌を見る事となった。
http://www.ustream.tv/channel/shiba-inu-puppy-cam
そして後にこの作者が判明、親犬も判明。暮れにはパピーカムカレンダー販売(売り上げは柴レスキューに寄付される)のお知らせが柴犬仲間から来た。子犬たちは名前入りでカレンダーの一面を飾っている。まさにタレント並みである。

メディアというのは確実にビジネスに密接している。ブームに乗せて子犬を販売しようと考える人が増える事のないように願いたい今日この頃である。
[PR]
by mshibas | 2009-01-15 14:44 | | Trackback | Comments(0)

ケンネル棚続々編

今日は棚の三段目を作る事にした。

昨日はBSAの新年会で中華料理を鱈腹食べて、お持ち帰りの料理もしこたま食べたせいか、明け方に胃がムカついて布団から飛び起きた。トイレに駆け込んだが唾液がダーっとでるだけで気持ち悪さは収まった。もしかしたら丑三つ時に飲んだ睡眠薬のせいだったのかも?結局1時間ほどしか寝られなかったので胃はムカムカ頭はクラクラ目が回る。

犬たちの散歩をし、ご飯をあげ、自由運動をさせている間に洗濯を済ませてから三段目を作ろうとスチールバーにドリルをかける。ボルトをしめる穴が合わないので穴を広げるのだが、結構な力が必要だ。バーの取り付けが終わった時点で気力が薄れヘロヘロになってしまったので、椅子に座りながら夏のような日(最近29℃という気候が続いている)を浴びていたらうつらうつらと眠くなった。今ならぐっすり眠られるかも、と思い布団に入ったが、寒さ(なぜか屋内は冬の温度)と空腹で一時間寝ただけ。まだクラクラするが、雑炊を作って食べたら気持ち悪いのが収まって来た。やはりあの胃のムカツキは薬のせいだったのだろう。

今度は棚板作りだ。フェンスを作った時の余り板がたくさんあるのでリサイクルする。体の調子が戻ったので電動ノコギリで9枚の板をバリバリ切断し、サンドペーパーで奇麗にし、ドリルで穴を開け、スクリュー釘で板を合体させる。これでバーの上にきっちり収まるスノコ板のできあがり。途中に娘のヘアーカットをしてあげたから仕上がったのはまたまた日がどっぷり暮れてしまった頃。ここには普段使わないクレートを収納した。

これでガレージがすっきりした。今まで犬のエキササイズペンに阻まれていた人間のエキササイズマシーンが楽に使えるようになった。マシーンに座るとケンネル棚が真ん前に見えるのでつい座ってしまう、で、つい運動してしまうという一石二鳥だ。
[PR]
by mshibas | 2009-01-13 16:15 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)