しばし柴たいむ

mshibas.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:アート( 22 )

ニードルフェルティング練習

今回は犬の綿毛を使ってみました。

「犬の毛100%で作るのは難しいので羊毛に混ぜて使う。」

とのことなので、またネコキットの焦げ茶と黄色のフェルトに犬の綿毛を半分強ほど混ぜてみました。
c0006164_59721.jpg
赤毛の部分が混ぜたもの。鼻と口のチャコール色は黒柴の毛。

いやいやいや、フワフワしすぎてまとまりが無く刺し固めるのに一苦労でした。

次回は犬の毛を3分の1ほど混ぜたもので練習してみます。

この子はマズルが長くなってちょっとひょうきんな表情になっちゃったわ。

c0006164_583845.jpg
前回作った胡麻柴と比べてみましょう。

使ったフェルトの量は同じですが、差し固めるのが大変だったためにちょっと大きめに出来上がりました。

うっわ! 耳なんかデカッ!!

鼻も大きくなっちゃって何だか締まりがない顔になりましたが、これはこれでカワイイですぅ〜。
[PR]
by mshibas | 2015-05-02 05:33 | アート | Trackback | Comments(0)

ニードルフェルティングに挑戦

今の時期はお犬様達の抜け毛がハンパない。

今までブラッシングで回収した綿毛をため込んでいるのだけど、このふわふわの天然毛を利用する手はないものか、と見つけたのがニードルフェルティングっちゅーので愛犬の毛を使って愛犬の分身を作ると云うもの。

日本でハマナカが販売している柴犬キットがあるけど購入するのが面倒なので先週アメリカで売られている針と柴犬に合う色の羊毛をオンラインで注文してみたのだけど・・・

配達されるまで待てないっ!

その間皆どんな作品を作っているのか検索してたら、ダイソーでキーチェーンの羊毛フェルトキットが売られているのを発見。

そして、昨日トマトの会へ行く途中で日系スーパーに寄ったら隣にダイソーがあるではないか。

わーい、見つけた見つけた!

トマトの会から帰って来て作り始めたのはこれ。
c0006164_958218.jpg
犬の形に似てるし色も柴犬っぽい色めを使うので練習に丁度いいわ〜。

チクチク・・・・・・・・

チクチク・・・・・・・・

チクチク・・・・・・・・

いてっ!!!

ひぃ〜ん、やっぱり指差したぁ、いたーい。

ケチが付いたのでもう寝よっと。

で、今日は結構コツがつかめてきて針が進む進む・・・

できたぁ、ほい。
c0006164_1043461.jpg
気が変わってネコキットで柴犬作っちゃいました〜。
c0006164_1074461.jpg
私が作るとどーしてもキリリ系になっちゃうんだよね、う〜ん、耳が難しかったな、片方長いし形が決まらなかったわ。

この胡麻柴色はキットの黄色と焦げ茶の羊毛を混ぜ合わせたもの。ピンクの羊毛で舌を作ろうかと思ったけど難易度高そうなので止めにした。耳で難儀したもんね。
c0006164_101438100.jpg
鼻と口に使用したチャコールの毛は黒柴スンスンの綿毛です。

わはは、まったくの別物じゃん。面白いわこれ。
[PR]
by mshibas | 2015-04-28 10:19 | アート | Trackback | Comments(2)

Street Painting Festival その2

今日は最終日です。

出展者の絵を投票しに、今度は一張羅の一眼デジを持って、またオールドタウンに出かけてきました。

これがCivic Center(市役所ではなく市民センターでした)正面。
c0006164_15433490.jpg

たくさんの写真や絵画、陶芸、クラフトなどのアーティストさんたちがお店を出しています。
c0006164_15495676.jpg

センター前の広場。
c0006164_15522581.jpg

当日の一般参加者の絵。私の絵はここの右側中央にあります。
c0006164_15572281.jpg

コンテスト参加者、ティーンの部、14歳の女の子が書いてた絵。
c0006164_166810.jpg

この絵はもう完成したみたいですね、この様な絵柄は他になかったので目立ってた。
c0006164_16133347.jpg

これもティーンの部、13歳の子の絵。
c0006164_1617312.jpg

スターウォーズキャラで意外に人気が高いボバフェット。これに投票しようか迷いました。
c0006164_1620395.jpg

私が選んだのは、これ。
c0006164_16211941.jpg

[PR]
by mshibas | 2013-06-24 17:08 | アート | Trackback | Comments(3)

Street Painting Festival

毎週土曜日はオールドタウンで大規模なファーマーズマーケットが開かれます。

またまたビーツを買いに早朝出掛け、すぐに帰るつもりがすぐ近くにある市役所前で、Street Painting Festivalをやってるのを見つけてしまいました。

これ、参加したいって思ってて息子を誘ってみたけどノッて来なかったので申し込まなかったけど、見てみてびっくり。

楽しそうじゃーん!

しかも、申し込まなかった人にもチョーク貸してくれて自由にかけるスペースがあるって言うもんだから、まだ寝てる息子に「早く来ーい」電話して・・・。

さあ、書くぞ!
c0006164_8272984.jpg

・・・何書こう?下書きも無しにいきなりって難しいぞ。

しかも、絵掻くのって久しぶりだし、うまくできるかな?

黒と白のチョークは貸してくれなかったから、ある色使わないといけないし・・・、

・・・って、思いつつも塗り塗り塗り〜、スポンジ使ってぼかしたり、いろんな色重ねて黒っぽい色出して、濃淡付けて・・・。

炎天下で、膝パットなんて無いからウンチングスタイル(すぐ腰に来るから長くできないんだ)で、チャカチャカ〜って書いたけど、

これ、ハマルっ!

面白いよーっ!

でも、腰悪くするからいい加減に切り上げて、

完成!
c0006164_8283742.jpg

やっぱり柴犬だーい!

息子は・・・(え、手抜きしてる?)。

こんな落書き絵でも結構いろんな人が声掛けてくれて、写真撮ってくれる人もいて、僕も柴犬飼ってるんだ、って人もいて、楽しかったです。
c0006164_8483657.jpg

[PR]
by mshibas | 2013-06-23 09:17 | アート | Trackback | Comments(2)

面白いぞ!SketchUp

夢中になってしまいました。

1/16インチも狂わずにきっちり線を書かないと気が済まない私にもってこいのツールです。(前にAutoCADをいじった時にはさっぱり扱えなかったんですケド・・・)

で、7年前から(笑)リモデルを計画している自宅キッチンの図面を書いてみました。
c0006164_1549100.jpg

まず部屋の壁とドアと窓を書いて、冷蔵庫とオーブンは今使っているのを据え置きなので、別途に制図したのをキッチンにコピペで配置。
c0006164_15115221.jpg

あとは、好みのキャビネットをサイトから選んで、それもSketchUpで製図して並べて遊ぶのだ。
[PR]
by mshibas | 2012-07-28 15:31 | アート | Trackback | Comments(0)

スンスンを描いてみました

c0006164_1254621.jpg

フォトショップのブラシツールでひたすらマウスをクリッククリック、カキカキ・・・。

ちょっと大雑把な仕上がりになってしまったけど、黒毛の微妙な色を出すのに難儀しました。
[PR]
by mshibas | 2011-09-12 13:02 | アート | Trackback | Comments(0)

壁を破る言葉

岡本太郎の著書、壁を破る言葉より

謙虚というものは、人の前で、己を無にするとか低く見せることでは絶対にない。むしろ自分の責任において、己を主張することだ。つまり、謙虚は権力とか他人に対してではなくて、自分自身に対してこそ、そうあらねばならないんだね。
[PR]
by mshibas | 2011-06-05 09:51 | アート | Trackback | Comments(0)

ぶつかり合うことが調和なのだ

ある人から紹介されたブログに書かれた芸術家岡本太郎が言った言葉。この言葉に引きずり込まれてしまった。

そのブロガーは、「ぶつかりあいの結果、調和が生まれる」と(凡人みたいなことを)言っているのではなく、「ぶつかり合うことが調和だ」と言っている点が「なるほど」です。

と書いていますが、私は凡人以下なのか「何がぶつかるの?」「どこで調和されるの?」と悩んでしまった。でも凡人並みに、この言葉の真意をとても知りたくなって検索してみた。

どうやら、1970年に開催された大阪万博のテーマ「人類の進歩と調和」に対して岡本氏が「調和なんて言うが、馴れ合っている(みんなで妥協する)調和なんて卑しい。相手とぶつかりあって戦わなければ本当の調和は生まれて来ない」と言ったことがそれのようだ。後には「進歩と言うと未来の方ばかりに目を向ける。科学力を誇る。それが果たして人間的、精神的な前進を意味しているのか」とも続けている。

す、すごい言葉だよこれ・・・今まさに人間的精神的に大事な事、失われてないかい?(・・・と私に解らせてくれたのは、ブログを紹介してくれた「ある人」)

で、岡本氏はその万博で「人類の進歩と調和なんて嫌いだー」と、万人に好かれようとは思わない醜悪な「太陽の塔」で有名建築家が作った人類の進歩と調和を象徴する大屋根をぶち破ってしまった。で、それで本物の調和となったようだ。

ということなのだが・・・。

岡本氏は芸術をぶつけているから調和されるんだ。

音楽家が解釈すると異なる音がぶつかり合って、料理家だと異種な食材がぶつかり合って、と、この岡本氏の言葉は受け入れられている。

言葉のぶつかり合いは調和されるのが難しいようだ。特に卑しい思想から作られた言葉は・・・。
[PR]
by mshibas | 2011-06-04 07:04 | アート | Trackback | Comments(0)

鈴木英人風

前回のネタを引き継いで・・・、こんなん作っていたのを思い出しました。
c0006164_14243751.jpg

c0006164_14291455.jpg2年前にフォトショップのオンラインクラスで作成したファイナル作品。

がっつり鈴木英人風です。

やっぱり私的にBugとVWBusは海のイメージなんだよね。
[PR]
by mshibas | 2010-04-29 14:45 | アート | Trackback | Comments(0)

Tシャツデザイン

毎年、3月の米国柴犬愛好会展覧会に合わせてクラブTシャツを作ってます。去年はポロシャツの胸部分にロゴを刺繍しましたが、今年はこれ。

c0006164_13133839.jpg和の雰囲気が欲しかったので麻の葉模様を使ってみました。フォトショプで八角形をスクリーントーン処理して柔らかさを出す。そして、こだわりは淡と濃の2色づかいでどれだけのディテールを出せるか。シルエットのモデルは美佗、顔を上げ気味のほうが柴犬らしい輪郭が出る、でもちょっと首が長く見えるかな?日本犬標準の下りは、日本犬保存会本部に承諾を得て使用。BSAのロゴも日保本部に承諾を得て正式に使わせてもらっています。米国柴犬愛好会は日保の連携団体として契約が結ばれているのです。で、この日本語(漢字)が英語圏の人たちにウケるのである。

c0006164_1483468.jpgTシャツは男物女物、色は各12色から選べるようにした。だって会員みんなのために1色だけを選ぶなんて優柔不断な私には難しすぎる、各自好きなの選んでくれ、って感じなのだ。

今回、好評につき2度目のオーダーを入れたので濃茶色を入手しました。やっぱり暗い色のほうが落ち着く私である。

こうして見ると、最初のインクの色目のほうが断然良いですなー。バックグラウンドの色によっても犬の太さが変わって見える。目の錯覚、美術の授業で習ったなー。
[PR]
by mshibas | 2010-04-22 14:23 | アート | Trackback | Comments(0)