「ほっ」と。キャンペーン

しばし柴たいむ

mshibas.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:帰省( 9 )

日本に帰省してきました。⑨

帰省8日目。

初めて朝まで熟睡できました。時差ぼけが直ったのかな?それとも帰る日になってやっと緊張が解けたのかな?

最終日はのんびり一人で自由行動です。

まずは三浦半島の先端にある海南神社へお参りに行きました。

海南様へ続く漁師町の商店街。昔は賑わっていたんですけどね、今見ると細い路地裏という感じ。
c0006164_9123497.jpg

千年の歴史のある神社は三浦半島の総鎮守です。三浦七福神の筌籠弁財天(せんりゅうべんざいてん)が奉られてます。

四十うん年前に私も七五三のお参りに連れて来られたわ。
c0006164_9134920.jpg

小さな手水舎には龍が・・・。
c0006164_91320100.jpg

正宮の他に金比羅宮、馬舎、大神宮、お稲荷さん、とお参りするところがいろいろあって、ゆっくりと境内を散策できました。

お参りの後は、絶対に食べようっ!と楽しみにしていたミサキドーナツへ。

どこかな〜、と、寂れた商店街を歩いているとすぐに見つける事が出来ましたよ。
c0006164_9595463.jpg

二階席に上がると、レトロ!
c0006164_1073044.jpg

らんま!いい味出てる。
c0006164_10143187.jpg

お客は私たった一人。店内には交換文庫って言うのかな?読み終えた文庫本を持って来て交換できるようになっている。そこにあった「犬笛」(西村寿行)に懐かしさ溢れて、りんごのドーナツ食べながらつい読みふけってしまいました。
c0006164_1026961.jpg

ミサキドーナツを出て次に目についたのが、またこのレトロなたたずまい。
c0006164_11152985.jpg

なんと魔除けの神様がいらっしゃいますね。
c0006164_11214775.jpg

大正時代の蔵造り建築で、履物屋さんだったお店をギャラリーにしていました。
焼き物と染め物が展示されていますが、昔は草履が並んでいたんですね。
私が小学生の頃は三崎商店街は栄えていたので営業していたような記憶があるのですが、定かではありません。
c0006164_1138577.jpg

c0006164_11425477.jpg

c0006164_11431486.jpg

c0006164_11484359.jpg

商店街の路地を港の方に抜けると結構な人だかりがありました。
c0006164_1214644.jpg

新鮮な魚を買う人たちと、この魚屋さんが経営するお食事処にたくさんのお客さん。
そしてちょっと意表をついた心地よいブルースがこの路地に流れていました。

港に出ると、老舗の三崎館本店。明治41年創業の建築も見応えがありますね。
c0006164_1213061.jpg

土地を離れて、初めてその土地の良さってわかるもんですねー。
c0006164_1293134.jpg


夜の7時半。母の車で駅まで送ってもらい、駅でバイバイ??。
母に車で送ってもらえるのは今回で最後かもしれないな、なんて考えながらマスクをして電車に乗り込み羽田空港へ。

帰りの飛行機ではぐっすりと睡眠がとれて、あっという間にロサンジェルスに着いちゃいました。

あー、楽しい帰省だったー。
[PR]
by mshibas | 2015-12-28 12:52 | 帰省 | Trackback | Comments(0)

日本に帰省してきました。⑧

帰省6日目。

また夜明け前に目が覚めちゃった。睡眠4、5時間続行中。

伊勢旅行の余韻に浸る間もなく、本日は母と叔父、叔母達(母の妹弟)と箱根へ一泊温泉旅行です。

箱根は3時間ほどで着いてしまうので、途中、大船フラワーセンターで花見ってことになったのだけれど時期が時期なので菊の展示が延々に連なっていただけだった。

それでも花好きの三姉妹(ホントは四姉妹いるんだけど三女は他県に住んでいる)は、あーだこーだと花の話題に事欠かない。

まぁ、しかし、菊の花はベタな日本情緒感がたっぷり味わえましたわ。
c0006164_105559100.jpg


芦ノ湖の湖畔をドライブして大湧谷方面へ進んで、本日のお宿のホテルグリーンプラザ箱根に到着。

お茶飲んで、お菓子食べて、一息ついたところで温泉へ、ここは箱根十七湯のひとつに数えられている仙石原温泉だそうで、露天風呂から見える富士山が絶景でした。
c0006164_111477.jpg
(写真はこちらから拝借しました)
富士見酒(日本酒)のサービスもあって、チビチビと美味しいお酒を堪能しながら富士山を仰いで・・・極楽じゃ〜。

母と一緒にお風呂に入るのって何十年ぶりだろう、と、背中と腰が曲がって小さくなってしまった母 の姿を見ながら感慨にちょびっと浸ってしまった。

そして、今年の2月に癌治療で胃を摘出してガリガリに痩せてしまった叔母だが、死んでしまうかも、と覚悟をしたという事でこうして一緒に旅行が出来て嬉しかったわ。

夕食(バイキングだったが特に美味しくはなかった。)を食べて、小さな売店を覗いて、部屋に戻ってのんびりテレビを見る叔父さんに付き合うが、小さな頃から相撲を見続けていた私が今時の相撲の話題に着いて行けなかったのがちょい悔しかった。

体がポッカポカに暖まり、布団にゴロゴロしていたら、また早い時間に寝付いてしまった。


帰省7日目。

やっぱり日の出前に目が覚めた。二時間以上も布団を被りながらiPadでネットサーフィンしてましたよ。

やっと朝日が昇って、富士山が映し出されて来ました。雲海が低くたれ込めています。部屋からの絶景です。
c0006164_1141293.jpg

太陽が昇るにつれ、雲海もどんどんと上がってすぐに富士山を隠してしまいました。
c0006164_11593071.jpg

ホテルを後にして、箱根美術館へ。(ツアーコンダクターは四女で末っ子の叔母です。)

苔むした庭園や紅葉が奇麗なところなのですが何せ観光客が多いのと、狭い場所にあれもこれもと人工的に作られた窮屈感がイマイチ。
c0006164_1231376.jpg

しかし、展示品の縄文式土器やはにわ、安土桃山や江戸時代の陶器、古伊万里などの方が興味をそそられたし、MOA自然農法・自然食を唱えた岡田茂吉のアートも少し展示されていたのが私的には来てよかった感UP。

次なる観光は、お花大好き三姉妹の暗黙の了解で小田原フラワーガーデンへ・・・、
しかーし!運悪く休館。

そこで不満が溜まったのか、国道沿いにある、通るたびにいつも見ていて気になる、と言う花屋に寄って花の鉢植えを三姉妹で2万円近くも爆買い。(笑

そして、フラワーガーデンの代わりに江ノ島水族館に寄りました。

イルカショーはとてもほのぼのでしたが・・・、
c0006164_13231881.jpg

ビデオを撮ってる最中にどーーーーしても、サウスパーク(アメリカの風刺コメディアニメ)のThe Dolphin Encounterが頭の中に出て来て一人でクククと笑いが止まらなくて困ったちゃん。(笑

クラゲを眺めてしばし宇宙遊泳気分に浸る。
c0006164_13382880.jpg

夕食は、叔父さんの息子、つまり私のいとこが板さんで勤めている佐島マリーナにある寿司屋「かねき」へ。
漁師さんが経営する店とあって新鮮で美味しいお寿司を堪能させていただきました〜。

さてさて、いよいよ次は日本帰省の最終日になります。

続く・・・。
[PR]
by mshibas | 2015-12-20 14:03 | 帰省 | Trackback | Comments(2)

日本に帰省してきました。⑦

帰省5日目の続きです。

旅行の3〜4週間前のこと・・・、
息子は伊勢から近い名古屋空港を利用して沖縄に帰る予定だったので、さて、伊勢から息子を空港まで車で送ってもらったら横須賀までの帰り道が遠回りになっちゃうな、と一人思案していた私。

そんな時、そんな事情も知らないYがふと熱田神宮をお伊勢参りツアーに組み込んだのだった。

そこで、熱田神宮の所在地をグーグルマップで確かめると、熱田神宮の目と鼻の先に名鉄線の神宮前駅が・・・、

しかも、そこから名古屋空港まで直通電車が出ているではないか!

なんと言うタイミングの良さ。

これも神様の思し召しなのかもしれないな、きっと。

と言う事があって、猿田彦神社から熱田神宮とひつまぶしを目指して、一路名古屋へ。

熱田神宮に着いた時には雨は小雨になっていた。

正門から第一鳥居をくぐって、まっすぐに続く参道。
c0006164_1454325.jpg

ジャングルの中のような雰囲気の木がたくさんあります。まるで毛が生えているように草が生い茂って。
c0006164_1581149.jpg

第二鳥居が見えて来ました。
c0006164_15114910.jpg

鳥居をくぐるとすぐに手水舎がありました。
c0006164_15131947.jpg

手水舎の隣には御神木の大楠です。七五三の親子が記念撮影。
c0006164_1516159.jpg

第三鳥居をくぐると本宮がありますが、この神聖な場所では写真撮影などゲスい事は出来ませんでしたね。さすがに・・・。

巫女さんに鈴払いをしていただいてから、本宮にお参りしていたら・・・、私の隣で熱心に祝詞をあげている人が突然黙ったと思ったら、いきなりでっかい「屁」をしりやがった!!

それを聞いた息子が、すかさず"What the 屁っく(heck)!?"と叫んだ。

あ〜あ、神様の前でこんな事していいんかいな、もう。(笑

本宮内には結婚式をあげていた新郎新婦が御祈祷を受けていましたよ。いいですね、古式ゆかしき神前挙式。

こちらは別宮の八剣宮です。
c0006164_15563332.jpg

c0006164_15565035.jpg

恵比寿様と大黒様がおりましたので家内安全商売繁盛を祈願しました。

さて、名古屋名物 ひつまぶし「あつた蓬莱軒」に予約できたのは午後3時。
c0006164_1623511.jpg

遅いお昼ご飯をゆっくり堪能して。

息子を神宮前駅に送って行き、改札で「ばいばーい!」「来てくれて嬉しかったよー。」
はぁ〜・・・、来年9月にまた会えるまで元気で頑張ってねー(って自分に言った方がいいかも、笑)。

横須賀に帰って来たのは10時。
そこから三浦半島の先端にある実家まで送ってもらって、無事に楽しいお伊勢さんツアーが終了しました。

お疲れ様でしたー!
[PR]
by mshibas | 2015-12-18 16:35 | 帰省 | Trackback | Comments(0)

日本に帰省してきました。⑥

帰省5日目。

伊久のとても寝心地の良い布団の中で目覚めたのは午前3時頃だった。

せっかくだからもっと寝よう、と頑張ってみるが全くダメ、かなり興奮状態なんだな〜。

布団の中でじっと目を閉じていると、伊勢神宮の杜に降り注ぐ雨の気配が分かる。

お伊勢さんに御蔭参りに来たんだな、と感謝の気持ちになったとたんに涙が込み上げて来た。

神様達が神宮の杜から湧き出て、次から次へ私の所へ来てくれているって、
まるで宮崎駿の映画のワンシーンに出て来そうな気持ちになって・・・。

布団の中で一人、とても幸せに満たされていた。

あぁ・・・。


今日の予定は日の出前の早朝参拝で内宮をゆっくり廻るはずだったが、ザァザァ降りの雨のために中止。
朝風呂と朝食を堪能し、おかげ横丁が開店する9時まで部屋で遊びほうけ。

おかげ横丁は、雨だけど土曜日ということもあって結構にぎわっていた。
ここでのお目当ては「おかげ犬」グッズ。
c0006164_125526100.jpg

おかげ犬は、江戸時代に起こった参詣ブーム、「御蔭参り」にどーしても都合が悪くて行かれないので誰か代わりに代参してくれ、と思いを託された飼い犬が伊勢神宮に送り出された、と言うもの。
ちゃんとお伊勢さんでお札をもらって帰ってくるって、この賢さが可愛いではないの!!

犬友にお土産。私はハンカチ2種。母には赤福の団子となぜかコンニャク。(笑
c0006164_132980.jpg

息子はこの冷たい雨の中、半袖Tシャツ着て、ソフトクリームを買って食べていた。
どーゆーやっちゃ、おまえは?

おかげ横丁で買い物済ませた後は、すぐ近くにある猿田彦神社へ。

猿田彦大神は、ものごとの最初に御出現になり万事最も善い方へ“おみちび き”になる大神で、古事記、日本書紀などにも「国初のみぎり天孫をこの国土 に御啓行(みちひらき)になられた」と伝えられています。

みちひらきの神様、どうかオヤジさんが開業する会社をお導きください。
ペコペコ<(_ _)>パンパン??ペコ<(_ _)> (二礼二拍手一礼)

私は神頼みはするけどおみくじは一切興味が無い。けれど、Yが引いていたので、じゃあ、せっかく来たんだしオヤジさんの代わりに会社の運を見てみようか、と思いつきで「神様、オヤジさんの代わりに引きます。」と断わりを入れて引きました。

41

頂いたおみくじを開いてみる・・・、
見方を知らない私だから、何処に何が書かれているのか瞬時に読み取れないでいると・・・、
Yがすかさず「大吉だー!」。
読み進んで行くと、なんとその内容はオヤジさんに一々ぴったりと当てはまっているではないかっ!!
す、すごいぞおみくじっ!
いやいや、神様は何でもお見通しなんだなってつくずく感じました。参った。

古殿地(こでんち)は自分の干支の文字に手を当てて祈る、仕事運は亥→卯 →未、金運は巳→ 酉→丑、家庭運は申→子→辰、人気運は寅→午→戌の順に触れるとご利益があると言われています。
c0006164_1356517.jpg

これは「さざれ石」です。「君が代」に歌われているさざれ石。この「さざれ石」は成長して岩になると言われている縁起の良い石だそうです。
c0006164_1472129.jpg

さざれ石を撮影している間に隣にある、さるめ神社にお参りしていたYがいなくなっていた。
その瞬間、「あっ!!この状態、前に経験した事ある。」と思いっきりデジャブー。
で、やっぱり先に車に戻っていた。

Yとの関連でこのようなデジャブーは何回か経験しているのでこれってあれかな?前世とかなんかそんなん関係しているのかもしれないのかな?
なーんて、スピリチュアルに興味を持ち始めた私。

この後は熱田神宮(名古屋)に向かいます。

(つづく)
[PR]
by mshibas | 2015-12-15 14:28 | 帰省 | Trackback | Comments(0)

日本に帰省してきました。⑤

ちょっと日にちが開きましたが、まだまだ帰省4日目の続きです。

内宮参拝の前にお宿「伊久」に行き、チェックインだけ済ませてそこから徒歩でおはらい町を通って内宮へ。15分ほどの距離です。

伊久の裏手から狭い階段がある丘を降りて、裏道を通り、五十鈴川に掛かる新橋を渡ると、そこはおはらい町。
c0006164_10303632.jpg

橋を渡った角には有名な「赤福」が。
c0006164_1053676.jpg

おはらい町はレトロ感漂う家屋がずら〜っと並んでいる。

この木の色合いの侘び寂び感ったら・・・。
c0006164_10585781.jpg

おかめの看板、いい味出してます。
c0006164_10591089.jpg

奇麗な石畳の道を内宮に向かって歩いていると・・・、

しばわんこがキターーー!!
(あわててシャッター切ったから手ぶれでボケボケ。)
c0006164_11183781.jpg

内宮の鳥居に鳥が一羽、出迎えてくれました。

さあ、いよいよ天照大御神がおわす神域へ・・・。
c0006164_1055284.jpg

鳥居をくぐり宇治橋を渡って行きます。橋の真ん中は神様が行き来する場所なので通ってはいけないのです。
c0006164_11335826.jpg

もうすぐ日が落ちそうな時間です。
あたりが段々と薄暗くなって行きます。
神楽殿の明かりが煌々と灯っています。
11月の参拝は5時までなのでとりあえず御正宮を目指しました。
c0006164_10552092.jpg

御正宮をお参りして、荒祭宮でお祈りをし終わったらもう暗くなってしまいました。

帰りに神楽殿で、毎日渋滞のハイウェイを3時間かけて通勤するオヤジさん(ダンナの事よ)に交通安全のお守りを、そして自分のお守りと御神札とやしろを頂戴しました。
「買う」んじゃないの、初穂料をお礼として奉納して御神物を頂くの、それなのに私ったら・・・、

「やしろには御神札は付いていませんよ。」と言われて、
「あ、御札も『買います』。」と思わず口走ってしまった。てへぺろ。

心配していた雨はお宿に帰り着いたとたんに降り出した。

時間が少なく、内宮をゆっくり参拝することは出来なかったけど雨が夜まで持ってくれたのは神様の御計らいだな、きっと。

「伊久」は2013年にオープンと言うだけあって奇麗でした。
屋内の床はすべて畳張り、着替えは作務衣と足袋靴下でオシャレ〜。
食事はコースで食べ応えたっぷり・・・、だったが松坂牛まで食べる前に満腹になってしまい、結局メインコースは息子に食べてもらう。
でも、美味しかったわ〜。

温泉は岩風呂と檜風呂、濁り湯、露天、貸し切りがあり、室内のベランダにも神宮の杜を満喫出来るお風呂がある。

温泉って小さい時に家族旅行で入った記憶しかないんですけど・・・、こんなに気持ちのいいもんだとは、年を取らないと分からないもんなんだね。

ゆっくり浸かって歩き疲れた足を癒して・・・、あー!温泉最高!!

夜食に夜鳴きそばって言うのもあって、魚出汁のきいたさっぱり味のラーメンをYと半分こして頂きました。
ラーメン好きの息子もおかわりするほど。
一体お前はどれだけ食うんじゃい?

部屋は7人みんな一緒。
5人部屋に布団をいっぱいいっぱい引き詰めて、何だか修学旅行状態で面白かったわ〜。

私は時差ぼけ引きずって、早めに布団に入ったら瞬殺で就寝でしたわ。
[PR]
by mshibas | 2015-12-10 14:12 | 帰省 | Trackback | Comments(0)

日本に帰省してきました。④

(注:帰省の記事は日本から帰宅後にぼちぼち投稿してます。)

帰省4日目。

友人宅の布団で目覚めたのは午前3時半。またまた4時間の睡眠だー。

疲れているはずなのに寝られない、でも毎晩寝付きが素晴らしく良いのできっと熟睡はできているんだろうな・・・。

さあ!待望の伊勢神宮に向かう日だ。

足はレンタルバン。
ツアーメンバーは、高校からの友人Yとその旦那O、Oの幼なじみで頭が危なっかしいC、私より1っこ上なのに万年二十歳(はたち)のTとその息子M(10歳)、そして私と私の息子の7人。
皆(息子二人を除く)、独身時代からの遊び友達なので気楽な付き合いなのである。

友人宅を午前6時に出発し、メンバーたちを迎えに行き、コンビニで朝食買って、サービスエリアで休憩しながら、高速道路をスイスイ走り、伊勢神宮の外宮に到着したのは2時半頃。

距離にすると私の家からアリゾナに行くよりも遠い。これ、一人で運転はキツいわ。

高速道路も伊勢神宮も混雑を絶対に避けたかったので11月の連休の間の週の平日(金曜日)にして正解!

心配していた雨もどうにか夜まで持ってくれそうだが、翌日は100%雨ということなので今日中に外宮と内宮を参拝することにした。

まずは、外宮を先に参拝するのがならわしだそうだ。

外宮は豊受大神宮と言います。豊受大御神様は、天照大御神様のお食事を司る神様で、衣食住すべてにわたる産業の守り神なのですと。

私達は奥の駐車場から入ったので裏手からの参拝となりました。

まずは手水舎で左手、右手、口を洗ってお清め。
c0006164_1617813.jpg

橋の向こう側は神様の聖域です。
c0006164_16172588.jpg

パワースポット、「三つ石」で手をかざしてぬくもりを感じよう。
c0006164_16193986.jpg

正宮です。この鳥居の向こう側では撮影禁止です。
c0006164_16411123.jpg

このような木がたくさんあります。神宮の杜に立ちこめるマイナスイオンが気持ち良い。
c0006164_16451420.jpg

土宮(つちのみや)では菜園の豊作をお願いしてきました。
c0006164_16534097.jpg

風宮(かぜのみや)、多賀宮(たがのみや)もお参りし、

外宮の参拝を終えました。
c0006164_1703911.jpg

長くなったので、内宮参拝は次の投稿へ・・・。
[PR]
by mshibas | 2015-12-01 17:09 | 帰省 | Trackback | Comments(0)

日本に帰省して来ました。③

またまた睡眠は4時間。帰省3日目です。

母と二人での朝食。
兄嫁さんが用意をしてくれていたけど、母は自分が食べたいと味噌おでんを作った。

母は母専用の冷蔵庫から小さなタッパウェアを出して来た。
「4年ものだよ。もうこれだけしかないから大事に使うんだ。」と言って蓋を開けた。
そこには懐かしい母の味噌があった。

母は昔から農協婦人部で味噌の共同仕込みをしていたので、私は市販の味噌の味を知らないで育った。
私が味噌作りをしているのは、そんな母の影響なのかもしれない。

酒と砂糖を入れて作った味噌だれを、湯がいたコンニャクに付けて食べる味噌おでんは昔懐かしい味がした。
母の味付けは母の実家の味だそうだ。
当然、兄嫁には作れない味である。

今日は沖縄に住む息子が上京して来ているので横浜で落ち合う日である。

息子に会う前に84歳の母が運転する軽トラックに乗り二人で郵便局へ行く。
まだまだ現役のドライバーはうっかり郵便局へ曲がる道を通り越して、私を送る駅へ行こうとしたが、途中で気付くや否や、右折左折と迂回路を回りあっという間にUターンして裏道通って郵便局へ到着させた。
義父は83歳までロサンジェルスでタクシー運転手をしていたが、母も良い勝負である。(笑

*その他、母の特技:前回の帰省では、裏庭のコンクリート塀にパームツリーの風景(ハワイ)を描いていたが、今回は別の場所にセコイアの森(ヨセミテ)を描いていた。大胆なタッチで・・・。(笑

息子とは3ヶ月前に会っているが、日本で会うのは11年と3ヶ月ぶり。
何なんだろう、このこそばゆさは・・・。

まずはお昼時なので、朝から何も食べてないと言う息子のリクエストで焼き肉を食べに行く。
しかし、肉は鱈腹食えずに、ビビンバも半分食べるのがやっとの私。
私の分までモリモリ食べる息子を見て、幸せで、さらに満腹になるほどだ。

あぁ、でも、時差ぼけと偏食(3度の食事)で体調不良〜、ストレスが気管支に来る〜。

しかし、頑張って買い物をしないと・・・、その目的で横浜に来たのだ。
家からスーツケースに詰めて来た服は無謀にも1着のみ。
今晩は友人宅に泊まるのでバックパックにはパジャマしか入れていない。
そして、翌日は友人宅から伊勢神宮への1泊旅行に出る・・・、なので着替えが無い、今服を買わなくては3日間着たきりスズメ・・・。
さすがにこれは嫌なので、服を最低1セット買わなければ・・・。

ということで、GUとユニクロでジャケット、パンツ、シャツ、靴下を買い、どうにか着替えは確保できた。

夕方、息子と一緒に横須賀に戻り、友人との待ち合わせ時間までコーヒーショップで一休み。
あぁ、ここまで来るとほっとする。
横浜の雑踏は目が回る〜。やれやれ、私も年をとったもんだ。

夕飯は友人と息子と小さなカウンターのみの居酒屋(一杯飲み屋?)で焼き鳥をほおばる。
日本を離れた時、息子は10歳だったので居酒屋に連れて行ったことはなかったな〜。
ここではおつまみ系の食事だったので私の腹も回復に向かいそうだ。

夜は友人宅でデブっちょ猫をいじりながらのーんびり。
息子と一緒にお宿を借りて感謝〜!なのでした。
[PR]
by mshibas | 2015-11-25 14:32 | 帰省 | Trackback | Comments(4)

日本に帰省して来ました。②

1日目の夜、眠いはずなのにたったの4時間しか眠れずに明け方までインターネットを開いていた。
実家のネット環境はライン接続なので、ポケットwifiをレンタルしていてよかった。

今回レンタルしたのはここ
あれ?私が借りたときは1日400円だったのに今は450円になってる。

2日目。

叔母は私を送りついでに泊まって行った。ここは叔母の実家でもあるのだ。
自分の家の事が気になってなかなか寝付けなかった、と叔母は言う。
ここは生まれ育った家だけど、すでに自分の家ではない。お互いに自分の住み慣れた居場所は別にあるんだ、としみじみ感じてしまった。

日本に来て困ったことは、1日3回の食事攻め。

今日は母と叔母と一緒にゆっくり朝食を摂り、そのままのテーブルで散々世間話を講じたら(私は聞き役)、あらもうお昼時間。

84歳の母がファミレスで昼食を食べようと言い出した。

え〜、また食べるの? と重い腰ならぬ腹を上げ、女子会に参加する私。

時差ぼけと食事リズムの崩壊で喉の具合が悪化して行くのがわかる。

でも休みたくはない、母とは1分でも長く一緒にいたいから。
[PR]
by mshibas | 2015-11-24 14:12 | 帰省 | Trackback | Comments(0)

日本に帰省して来ました。①

11月9日(月)LAX 0:05発 ANA →11月10日(火)羽田 5:05着、

2年10ヶ月ぶりの訪日です。今までずっと成田空港着でリムジンバスで横浜へ・・・
そして夜に実家に到着という道程だったが・・・

何これ!!羽田っ!

京浜急行線が空港に直結していて、カスタム抜けたらすぐ改札口って、
すっごい便利ー!
しかも早朝便なので空港は空いてるし、電車は下り線なので早朝ラッシュも無いって、
めちゃ楽だー!

飛行機と電車に乗って即、行動したこと。
それは、マスクを付けること。
気管の保湿用と保護にマスクは必需品なのだ。
飛行機も日本人ばかりだったし、いや〜、周りの目を気にせずにマスクできるっていいわ〜。

そんなんで、1日目は時差ぼけを引きずって早朝に叔母の家を訪ね、午後に実家に到着したのであった。
[PR]
by mshibas | 2015-11-24 12:48 | 帰省 | Trackback | Comments(0)