「ほっ」と。キャンペーン

しばし柴たいむ

mshibas.exblog.jp
ブログトップ

干し柿

干し柿なんて自主的に食べたいとか思った事無かったのだけれど、 買い物に行く先々に見事な蜂屋柿がお手頃な値段で売られているのでついつい買ってしまうのだ。

c0006164_10335567.jpg
カビ防止の湯煎もアルコール付けもしていません。

ただ皮むいて吊るしただけです。

表面が乾燥してきたら、もみもみして中の硬い部分を揉みつぶして柔らかくすると甘みが十分に出るそうなのでやってみました。

なんか、面白い感触だわ。

あと2週間くらい干したら食べごろかな?



[PR]
by mshibas | 2016-12-15 09:05 | 料理 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://mshibas.exblog.jp/tb/26228648
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みお at 2016-12-16 09:34 x
鳥につつかれたりしないの?
地元のふゆ柿はそろそろ終わりでハチヤばっかりになってきちゃったけど、ハチヤのテクスチャがあんまり好きじゃなくてションボリしてたんだ。干し柿かぁ。うまいこと考えたなー。
Commented by mshibas at 2016-12-17 02:25
私も最初は鳥の餌になるかなって思ったけど大丈夫だよ。渋柿は干し柿にして食べるって事しか知らないのよ、こっちの人たちはどうやって食べてるんだろうね?
Commented by もりけい at 2016-12-22 10:07 x
私は、渋柿の中がぐちょんぐちょんになるまで待って (皮を押すと指が入っちゃいそうなくらい)、へたを取ってスプーンで食べます。この状態になると渋みが取れて甘くて美味しいから。干し柿になるまで待てないですね。干し柿はスライスしたもにをカゴで干したものしか最近は作らないのです。
Commented by mshibas at 2016-12-30 00:08
私は柿のぐちょぐちょ状態が苦手なんですよ。最初は柔らかくさせて食べてみようと思ったけど、表面が柔らかくなりかけた時点で、腐って行く、って感覚になって干してしまいました。
懐かしい味で美味しかったわ。