しばし柴たいむ

mshibas.exblog.jp
ブログトップ

反回神経麻痺

この日の投稿で声帯の左のべんが機能していないことが判明した事を書いた。

その後、バリウム飲んでレントゲンを撮って(予想に反してたくさん飲まされたので辛かったわー)、次の予約に出向いたのは11月8日。

しかーし、この日は担当医不在で帰されて、次の予約はぎっくり腰で動けなくて予約日を変えてもらい、やーーっと昨日あの日本語話す担当医に会えました。

私の症状は声帯麻痺というもので、声帯を動かす筋肉の動きを支配している神経が何らかの理由によって麻痺した結果、 声帯が動かなくなってしまっている状態だそうだ。この神経が反回神経なので反回神経麻痺なのだそうだ。(いや、これは帰宅後サイト検索して日本語サイトから入手したんだけどね)

だから、先生に「シュジュツしたコトありますかー、交通ジコとかにアッタコトありますかー、モノわすれヒドくないですかー」と神経の異常を疑われたが、物忘れは、まあ、普通に誰にもあるウッカリ程度のものはよくあるけど、手術も事故も何もないのでMRIでどっかの血管が詰まって神経圧迫してないかどうか検査することになった。

それでもし神経に異常なしってことになった場合は直接声帯を手術しましょうって。ひぇー。

考えてみると声帯麻痺の症状って6年くらい前から始まったのよね。咳き込む、声を出すのが続かない、息切れ、誤嚥など。何度か医者(アメリカはまずファミリードクターにかかって、そこから専門医の診断が必要ならそっちに回してくれる)に行ったけどその都度胸やけって診断で片付けられてたんだよねー。
[PR]
by mshibas | 2013-12-20 14:38 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mshibas.exblog.jp/tb/21199072
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by もりけい at 2014-01-03 00:19 x
仕事と子供たちの帰省でばたばたして、しばらくブログを読むのも書くのもご無沙汰気味だったのですが、まーっこんなことになっているなんて。この「なんらかの理由によって神経が・・・」というのって、怖いですよねえ。実は私も左腕が痛くて動かない状態が続いているんです(子供の時に右利きになおしてくれた親に今感謝)。MRIで原因がわかって取り除ければいいですね。
Commented by mshibas at 2014-01-04 09:30
お久しぶりですね。左腕が痛くて動かないっていうのは四十肩とかの症状ですか?だとしたら治るまで辛いですよー。

私はこの長引く喉の不調の原因が声帯麻痺って判っただけでも一安心って感じです。胸焼けだって太鼓判押す医者に不審感いっぱいだったわ、ほんとにもうっ!
今は呼吸困難と嚥下障害が酷くなって来たのでなるべく早く治療してもらいたいよぉ。