しばし柴たいむ

mshibas.exblog.jp
ブログトップ

ドクダミの挿し芽

5月末に家庭菜園愛好家の会合「トマトの会」に参加した際にドクダミを分けていただきました。

根が付いていたら繁殖力旺盛なので簡単に根付くのですが、切り枝でいただいたのでダメもとで挿し芽にしてみました。

節を一つ付けた枝を水に差して放置すること四週間。

芽が出ました。

今度は根を出させるために長かった枝を切り、節に水が付くようにして一週間ほどすると・・・
c0006164_1335750.jpg

ほら、根が出ました〜。
c0006164_13464384.jpg

さらに枝を土に差しやすい長さに切り、ポットに・・・。
c0006164_1353389.jpg

後はうまく根が張るように水分管理します。

そして、同じくトマトの会でいただいたアシタバ(これは根付きです)が根付いて葉が大きくなって来たので(といっても5cmほど)収穫して天ぷらで食しました。
[PR]
by mshibas | 2013-07-03 14:09 | ガーデニング | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mshibas.exblog.jp/tb/20452677
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by もりけい at 2013-07-05 00:00 x
おおっこれはすごい。私のドクダミは根付いていますが、育ちがいまいち。じめじめ度と日陰度がたりなさすぎで苦労しています。明日葉は水がなくても乾燥しても育つから、毎週のようにお茶にしています。すぐまた生えますよね。今日葉を刈っても明日にはまた生えるから明日葉って本当ですよね。
Commented by mshibas at 2013-07-05 14:56
そうですね、日本でもドクダミが繁殖してるのって便所裏とかの日陰
ですもんね(笑。お茶になるまでの道のりは長そうです。明日葉はお茶や食材に使えて重宝しますね。