しばし柴たいむ

mshibas.exblog.jp
ブログトップ

家族の一員になろう

もりけいさんが「これはいける!」と太鼓判を押した「断裁紙家族」の一員になろう!

ということで、はりきって新しい堆肥作りを始めました。

断裁紙の中にコーヒー豆殻、紅茶殻を投入。
c0006164_1262755.jpg

今まではこれらの出涸らしを十分乾燥させて「ぼかし」に利用してましたが、これは乾かない前に投入できるからさっさとゴミが片付いて良い。

さらにコーヒーフィルター紅茶フィルターと出来たてホカホカのマンゴー酵母抽出に使ったマンゴー皮と生ゴミを投入。
c0006164_1362754.jpg

生ゴミも前は「ぼかし」に利用していたが、最近では白カビがはびこったベチャベチャなクズをバケツから出す作業が嫌になり、ぼかしミックス混ぜて直接畑に埋め込んでいたが、もう埋める場所が確保できない状態だったので他の投入場所ができて良い。

とりあえずこんな感じで進めて行こうかと思います。
[PR]
by mshibas | 2013-02-12 01:46 | ガーデニング | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://mshibas.exblog.jp/tb/19257764
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by もりけい at 2013-02-17 13:56 x
断裁紙は、水分を吸い取ってくれるし風通しのよい箱(段ボールや穴だらけにした衣装箱)に入れておくとすぐカラカラになるので、手入れが楽です。いつもサラサラ風のままで、うちは3週間で堆肥風になりました。ぬかと油粕もどき(使用ずみの油を糠に入れてボロボロにしたもの)を少々加えると温度がどんどん上がってあっと言う間に本格的(?)段ボールコンポスティング風になりました。断裁紙家族は匂いもほとんどないし、愛用しております。うまくいくといいですね。
Commented by mshibas at 2013-02-18 13:04
温度計がないのでよく解らないのですが、うちはまだ家族関係が冷えきっている様子です。たまに落葉を養子に迎え入れてるのですが、家族団らんのほかほか家族に早くなってほしいので油粕もどきも入れてみますね。
Commented by もりけい at 2013-02-23 15:58 x
裁断紙家族も腐葉家族もゴム手袋をして手をいれても、熱めのお風呂くらいの温度はあります。薄い手袋をしていれたら熱いくらい。あー、微生物が働いてくれていると楽しくなります。ゴミと落ち葉とぬかを混ぜながらうきうきにやにやする私の姿はあまり人には見られたくないですけど。温度が上がると分解がすごく速くなって、うちで出す生ごみだけでは微生物のエサとしては不十分になりそうな勢いです。