しばし柴たいむ

mshibas.exblog.jp
ブログトップ

乳酸菌培養液の肥料効果

10月25日のエントリーでミニトマトでの効果を書きましたが、最近「あれっ?」って不審に思うようになって来た。

相変わらず枝がグングン伸びて葉がワサワサしているのだけど、実があまり付かない。

花は付いているけど実の育ち方が遅く、何だか栄養が歯の方に取られているように見える。

こ・これって去年経験した「暴れトマト」にそっくりだっ!

培養液のせいで葉肥(チッ素)が効いているのかもしれない、という疑惑を持ってしまったのだ。

で、調べてみると・・・

実肥と言われるリン酸は吸収率が低く、土が酸性に傾くと吸収率はさらに悪くなる。PHは6前後が良く、骨粉などで補うことができる。

のだそうだ。

なるほどー!培養液のPHは3.5と極めて酸性なのだ。

調子に乗ってたくさん散布しちゃったからなー・・・失敗。
[PR]
by mshibas | 2012-11-11 08:19 | ガーデニング | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mshibas.exblog.jp/tb/18706098
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。