しばし柴たいむ

mshibas.exblog.jp
ブログトップ

歯を治した

結局、クラウンを付けた歯科医院で付け直してもらった。

「保険のco-payだけで治してくれるっていうから行って来な、他に何か請求されたらその場で俺が電話で話してやるから」と言う助っ人(ダンナ)が確保できたから、ちょっと強気になれた。

歯科医院に入ると目の前の受付にいる厳めしい顔つきの決して若くはないラティーナが私の顔を見て表情を変えずぼそぼそと何を言ったか分からない程度の挨拶の言葉を発した。

受付:「この前来たのはいつ?6ヶ月毎のチェックアップは来た?」
私:「いいえ」
受付:「じゃ健康状態のアップデートするからこの書類に書き込んでサインして」
私:(もうここでは検診も治療もしないので書く必要ないのに、なんで)「クラウン付け直すだけなのに?」

助っ人に即電話、と、外に立っていたらクラウンを付けた歯科医師が出勤してきた。

医師:「やあ、おはよう。ご機嫌はどう?」
私:「良くはないね」
医師:「え、何があったの?」
私はニィ〜と前歯を見せた。
医師:「あ、取れちゃったの?大丈夫、直してあげるよ」

と、にこにこして医院へ入って行った。先生はいい感じの人なんだよね〜。この先生の一言でちょっと安心して受付にサインした書類と保険会社のカードを渡した。

ところが・・・、

レントゲン技師:「どこの歯が取れたの?」
私:「ここ、前歯」
と、口を開いて見せたらゲラゲラと笑われた。
私:眉をしかめて、「笑うんじゃない」
レントゲン技師:「だって〜、とっても可愛いわよー」
私:??「可愛くなんかない!冗談じゃない!」
レントゲン技師:「ほら〜、子供が歯が抜けたときってとっても可愛いじゃないの〜」

私は子供じゃないんだよ・・・あ〜、これだけ不機嫌な態度を取っているのにこの人って・・・。

やっぱりこの歯科医院最悪ー!!

直しが終わってフロントデスクで、
「チェックアップの予約を入れておきますか?」
私:「あ、いらないです。今他の歯科医院に通っているから、でも、また外れたらここで直してくれるの?」
受付:「はい、直します」

もう来る事は無いように願いたい。クラウン自愛します。
[PR]
by mshibas | 2010-05-14 08:30 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mshibas.exblog.jp/tb/14375746
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みお at 2010-05-14 12:14 x
私もDCに住んでたときいい歯医者が見つからなくて、明らかにダメだってわかっていながら行ってたとこがあったんだけど、そこで受けたroot canalが下手くそでそこはもう差し歯にするしかない状態。でも高くて無理だよ~って感じ。
その悪夢のおかげで今の気に入ってる歯医者さんのありがたみが身に沁みて、今年から会社の保険のネットワーク外になっちゃったけど変えずに通ってます。
Commented by mshibas at 2010-05-14 13:24
良い歯医者さんに出会えてよかったね、今はもう差し歯にしたの?悪夢状態、分かる分かる。私はクラウン2つも付けられてから歯医者恐怖になりましたよ。

やっとトラウマも治りかけて先月、子供が歯科矯正で通っている歯医者でクリーニングしてもらったんだけど、
「はいここ虫歯、ここも、親知らず抜きましょう、でもその前にディープクリーニングしないといけませんね」
って、やっぱりここも同じかー。

しかも、ディープクリーニングはどれくらい毎にするものなの?って聞いたら1度したら後はする必要がないって言われて、じゃ2年弱前にやっているから必要ないです、って言ったら、

「こっちは別の保険会社だから、またカバーされるから大丈夫」
って、やっぱり金儲けかーーー!

もう、そこもイヤ・・・。